ストレージ仮想化の「ファイルレベル」「ブロックレベル」の違いとは?「ストレージ仮想化」の種類と選び方【前編】

ストレージ仮想化を仮想化の対象によって分類すると、「ファイルレベル」と「ブロックレベル」の2種類に大別できる。これらはどう違うのか。

2022年01月28日 05時00分 公開
[Jessica LulkaTechTarget]

 適切な「ストレージ仮想化」製品を選択するには、ストレージ仮想化の対象や方式、自社のストレージに対するニーズなどを考慮する必要がある。ストレージ仮想化はストレージのデータ格納効率を最大限に引き上げて、ストレージのライフサイクルを延ばすのに役立つ。

「ファイルレベル」と「ブロックレベル」の違い

 ストレージ仮想化を仮想化の対象で分類すると、主に「ファイルレベル」と「ブロックレベル」に分けることができる。

 ファイルレベルのストレージ仮想化は、主にNAS(ネットワーク接続ストレージ)向けの技術だ。特定のサーバとストレージの結び付きをなくし、複数のサーバでストレージを共有できるようにする。サーバ間で同じファイルを共有しやすくなるため、ストレージの利用効率を向上させやすくなる。

 ブロックレベルのストレージ仮想化は、主にSAN(ストレージエリアネットワーク)で広く使用されている。データを読み取ったり、書き込んだりする単位である「ブロック」を複数まとめた「ボリューム」を仮想化する。利用可能なブロックをまとめて、サーバが共有仮想リソースとして利用できるようにする。製品間の違いを意識することなく、複数のストレージを単一のストレージとして管理できるようにすることで、管理負荷を減らす。


 次回は仮想化の方式に応じて分類した場合の、ストレージ仮想化の種類を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...