2014年12月02日 15時00分 公開
特集/連載

Macでも「VMware vSphere」を管理、ユーザーにとって最適な方法は?Windows偏重主義から脱却するVMware

米VMwareはプラットフォーム「VMware vSphere」を広範なOSに対応させる取り組みを進めているが、Macを使いたいという管理者の要求に応えるには、まだ課題が残されている。

[Alastair Cooke,TechTarget]

関連キーワード

VMware vSphere | Mac | VMware vCenter


 IT技術のトレーナー兼コンサルタントである筆者の経験で言えば、VMwareの技術者の中にはMacを使っている人が多いように思える。しかしVMware vSphereの管理については、これまで長い間、Windowsが中心であった。最近ではMacを使ってvSphere環境を管理する方法も幾つか登場してきた。本稿ではMacによるvSphereの管理の選択肢について解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...