2021年04月05日 10時00分 公開
PR

増え続けるデータの保管・分析を成功に導く「階層型ストレージ」構築方法データ活用とDXを推進する次世代ストレージ

データの増加に伴うストレージの拡張や、効果的なデータ分析へのニーズは、企業の悩みの種だ。DXを促進し、データにまつわるさまざまな運用・管理の手間を簡略化し得る「ハイブリッドなデータインフラ」とはどのようなものか。

[TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により対面での経済活動が制約を受ける中、業種を問わずさまざまな企業がこれまで以上にデジタル化やデータ活用を推進している。インターネットやアプリケーションなどデジタルな顧客接点の活用は、企業活動の継続に不可欠だ。コロナ禍で売り上げ減に直面した企業は、コストを抑えて効率良くデジタル化するという課題も抱えている。

 こうした背景から、増え続けるデータを効率良く保持して高度に活用することは企業の急務だ。この問題に対する有力な解として、スケールアウト可能なNASとオブジェクトストレージの組み合わせによるハイブリッドなデータ管理が注目されている。その特徴やメリットはどのようなものか。


提供:日本電気株式会社
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.