ストレージ仮想化の「ホストベース」「アレイベース」「OSベース」「ファイルシステムベース」「ネットワークベース」の違いとは?「ストレージ仮想化」の種類と選び方【中編】

ストレージ仮想化には複数の方式があり、その特徴やメリットは異なる。5つのストレージ仮想化方式の仕組みと特徴を説明する。

2022年02月04日 05時00分 公開
[Jessica LulkaTechTarget]

 「ストレージ仮想化」はストレージのデータ格納効率を上げるのに役立つ。ストレージ仮想化製品を選ぶときは、ストレージ仮想化の対象や方式などを考慮し、自社の要件に合った製品を選ぶ必要がある。前編「ストレージ仮想化の『ファイルレベル』『ブロックレベル』の違いとは?」に続く本稿は、仮想化の方式に応じたストレージ仮想化の種類を説明する。

仮想化の方式に応じたストレージ仮想化の種類

 ストレージ仮想化の主な方式には「ホストベース」「アレイベース」「OSベース」「ファイルシステム」「ネットワークベース」の5つがある。特徴がそれぞれ異なるため、自社に最適な方式を選ぶのがよい。

ホストベースのストレージ仮想化

 ホストベースのストレージ仮想化では、サーバ仮想化ソフトウェアがストレージを論理的に分割し、仮想マシンのゲストOSに仮想ストレージとして供給する。仮想ストレージへのアクセス許可やボリューム(論理的なストレージ領域)の割り当てなど、ストレージ仮想化に必要な処理をサーバが実行するため、ストレージの種類にかかわらず利用できる。

アレイベースのストレージ仮想化

 ストレージアレイが仮想化ソフトウェアを実行する方式が、アレイベースのストレージ仮想化だ。アレイベースのストレージ仮想化では、ストレージの主な制御権はストレージアレイの制御を担うストレージコントローラーにある。

OSベースのストレージ仮想化

 OSベースのストレージ仮想化は、アレイベースのストレージ仮想化と似た機能を実現するが、機能をサーバOSが実行する点が異なる。OSベースのストレージ仮想化により、サーバOSはコンテナや仮想プライベートサーバなど複数のストレージ機能を実行できるようになる。一部のサーバOSにはこうしたOSベースのストレージ仮想化機能が組み込まれている。Microsoft「Windows Server」の「Storage Spaces」(記憶域スペース)はその一例だ。

ファイルシステムベースのストレージ仮想化

 ファイルシステムベースのストレージ仮想化は、複数のサーバで稼働するファイルシステムを、あたかも単一のファイルシステムであるかのように扱えるようにする。異なるファイルシステムを持つ複数ファイルサーバにデータが分散されていても、エンドユーザーからはデータが単一のファイルサーバにあるように見える。

ネットワークベースのストレージ仮想化

 ネットワークベースのストレージ仮想化は、サーバとストレージの間の通信を中継するネットワークアダプターを仮想化する。これによりサーバの仮想マシンが仮想ネットワークアダプターを介して、データ入出力の要求をストレージに直接転送できるようになる。


 後編は、自社に最適なストレージ仮想化製品を選ぶためのポイントを説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。