2021年10月05日 05時00分 公開
特集/連載

「稼働率100%」のためにコストをかける意味はあるのか?「追求し過ぎない」可用性の管理術【前編】

システム稼働を停止させない「可用性」の追求は企業にとって重要だ。ただし極端に追求し過ぎると、高コストにつながる点は要注意だ。“程よい”可用性管理のこつは。

[Walker Rowe,TechTarget]

関連キーワード

ITIL | 管理者 | 運用管理


 可用性とは、機器故障などの障害が発生した場合でもシステムを継続稼働できるかどうかを意味する。企業が可用性を追求するに当たり重要なのは、自社でどのようなアプリケーションを使っているのかを考え、アプリケーションに適した形でシステムを運用することだ。

 まずIT担当者は可用性管理についてしっかり理解することが欠かせない。ITサービスマネジメントのベストプラクティスをまとめた書籍群「Information Technology Infrastructure Library」(ITIL)を使って可用性のポリシーを定めることが、安定したシステム稼働への第一歩になる。

「稼働率100%」の実現は意味があるのか?

 可用性管理は、システム稼働を停止させないための一連のプロセス、ツール、計画、指標を含む。システムのダウンタイム(システムが稼働しない時間)は発生するものだと考えなければならない。100%の稼働率を目指すことは現実的ではない。ダウンタイムをゼロにするのではなく、“最小限に抑える”ことが可用性管理の鍵を握る。

 行き過ぎた可用性の追求は、高コストを招いてしまう。稼働率の目標が100%に近くなると、その達成のためのコストは急激に上昇するからだ。システムの稼働率を「96%から97%に上げる」場合と「95%から96%に上げる」場合を比べると、前者は後者の最大5倍のコストを生む可能性がある。賢い可用性管理とは、なるべく稼働率を高めるためのコストと、ダウンタイムによる損失のコストをてんびんに掛けてバランスを取ることだ。

 一言でダウンタイムといっても、システムが社内向けなのか顧客向けなのかなどによってビジネスへの影響が異なる。それを考慮して、停止するとビジネスへの影響が大きいシステムの可用性を優先的に高めるべきだ。そのために企業は自社システムについて詳細に把握し、それに合わせた可用性管理のポリシーを定めることが重要だ。


 後編は、企業が可用性管理の取り組むための体制づくりを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...