「クラウド管理者」必修スキル【前編】
クラウド管理者に「Linux」「Windows」のスキルが必要な理由
クラウド管理者の役割は企業ごとに異なる。ただしクラウド管理者として成功するために必要な基本スキルは共通している。その代表例が「Linux」と「Windows」関連のスキルだ。(2021/2/9)

「クラウド管理者」必修スキル【後編】
クラウド管理者に「IaC」「CI/CD」が役立つ理由と、必要なスキルの身に付け方
クラウド管理者が仕事をする上で必要なスキルはさまざまだ。そのうち「IaC」「CI/CD」のスキルを紹介した上で、クラウド管理者を目指す人がこれらを含めた幅広いスキルを習得する方法を説明する。(2021/2/25)

山積するセキュリティとネットワークの課題
IT管理者を悩ます“テレワーク対応” 次々と生じる課題をまとめて解消するには
緊急対応として進められたテレワーク導入により、現在、IT管理者は困難な課題に直面している。今後のテレワーク対応を考えるに際して、IT管理者はどのような解決策を選ぶべきか。PCとネットワークの観点からその答えを探る。(2021/4/28)

クラウドサービスのアカウント乗っ取りを防ぐ【前編】
クラウドサービスの「管理者アカウント」乗っ取りはなぜ危険か
強い権限を持つ管理者アカウントの乗っ取りは、企業に多大な被害をもたらし得る。クラウドサービスに関する管理者アカウントの乗っ取りでは、どのようなアカウントが標的となり、どのような被害につながるのか。(2020/11/25)

「クラウド管理者」必修スキル【中編】
クラウド管理者なら身に付けたい、仮想化、コンテナ、データ/コスト管理スキル
クラウド管理者に求められる基本スキルはさまざまだ。その中から「仮想化」「コンテナ」「データ管理」「コスト管理」に関するスキルを説明する。(2021/2/16)

自分の担当ではないと抵抗するのは時間の無駄
Windows管理者が磨きをかけるべき5つのスキル
企業のWindows Server管理者には、データセンターの管理者と同様に、システム全体のパフォーマンスを向上させるための定期メンテナンスとアップグレードのスキルが求められる。(2018/4/3)

仮想化時代の一押し技術【後編】
運用自動化にビッグデータ管理――IT管理者なら学んでおきたい技術
オンプレミスのデータセンターとクラウドサービスなど、複数のインフラを使い分ける企業は少なくない。さまざまなインフラを管理するために、IT管理者が優先して身に付けるべき技術とは。専門家が解説する。(2021/1/29)

仮想化時代の一押し技術【前編】
Docker、ハイブリッドクラウド、Ansible――IT管理者なら知っておきたい技術
仮想化技術の浸透に伴ってインフラが変化し続ける中、IT管理者が習得する必要がある技術も変化している。注目すべき技術とは何か。専門家が解説する。(2021/1/14)

Microsoft 365ユーザー向け「Teams」基礎ガイド【後編】
Microsoft 365管理者が「Teams」導入前に検討すべきチェックポイント
「Microsoft 365」のユーザー企業が「Microsoft Teams」を利用する際、IT管理者が考える必要のあることとは何か。長期的な利用を踏まえた場合の主要なチェックポイントを解説する。(2021/1/19)

多くのタスクが自動化される
自律型データベースでデータベース管理者の仕事はどう変わる?
Oracleがさかんにアピールする自律型データベースにより、多くの管理タスクが自動化される。それはデータベース管理者の失業を意味するのか。それともデータベース管理者の進化の始まりなのか。(2019/11/27)

ストレージ管理者はもういらない!?
重要度が低下してきたストレージ管理者が進むべき2つキャリア
ハイパーコンバージドインフラの進展は、ストレージ管理者の重要度を低下させた。ストレージ管理者が今後進むべき道は2つある。(2019/4/16)

セキュリティに心理学を応用する【中編】
燃え尽き症候群のセキュリティ管理者を救う「コグニティブレディネス」への期待
さまざまな課題に直面するセキュリティ管理者の心の健康をどう維持するか。その有力な手段となり得るのが「コグニティブレディネス」だという。コグニティブレディネスの効果と身に付け方を心理学者に聞いた。(2021/3/20)

デル株式会社提供Webキャスト
サーバ管理者の生産性を高める、仮想コンソールによるリモートセットアップ
サーバの仮想コンソールは、管理者の生産性やサーバの可用性につながるチェックポイントの1つだ。そこで定番サーバ製品のOSセットアップ機能を紹介する。リモートでの実行やドライバの自動設定など、管理者を楽にする機能がそろっている。(2018/5/8)

注目機能はデュアルカメラではない?
「iPhone 11」シリーズを業務で使うIT管理者が重視すべき新機能は?
新モデルの「iPhone11」シリーズは、カメラの進化とバッテリー駆動時間の延長が大きく報じられた。ただし専門家は「IT管理者は強化されたセキュリティ機能に注目すべきだ」と指摘する。(2019/10/19)

Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】
「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?
「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。(2021/5/24)

SDNやIoT、エッジコンピューティングよりも
ネットワーク管理者が最も「心を痛める」問題はネットワークセキュリティ
ネットワーク管理者は常に多くの懸念事項を抱えている。調査によるとセキュリティが懸念事項のトップになったという。(2019/1/8)

Computer Weekly製品ガイド
IT管理者によるWindows Updateの制御方法
クラウドサービスのおかげで、Windows 10を常に最新の状態に保つという管理者にとっての重要な仕事がやりやすくなった。(2019/9/27)

現状は自動運転車ではなくオートマ車
データベースの自動化はデータベース管理者を滅ぼすのか
Oracleのマーク・ハードCEOは、Oracle Databaseの自動化によってデータベース管理者は全員失業すると言い放った。現実問題として、データベースはそこまでの自動化を実現しているのだろうか。(2019/8/30)

Teamsでコミュニケーションコンプライアンス機能を使う4ステップ【後編】
「Teams」の不正チャット監視ポリシーを決める基本手順とは?
「Microsoft 365」のコミュニケーションコンプライアンス機能を使って「Microsoft Teams」のチャットを監視するために、IT管理者が決めなければいけないのが監視ポリシーだ。どのように決めればよいのか。(2021/5/19)

B2Cだけでない「チャットbot」の用途【後編】
「AIチャットbot」がIT管理者の働き方を変える
AI技術を活用するチャットbotを使って、企業のIT管理者の仕事を効率化することができる。どのように役立てることができるのだろうか。(2019/6/27)

Teamsでコミュニケーションコンプライアンス機能を使う4ステップ【前編】
「Teams」の不正チャットを防ぐMicrosoft 365の機能とは? 有効にするには
従業員が「Microsoft Teams」でやりとりするチャットを監視するために、IT管理者が取り得る手段が、「Microsoft 365」のコミュニケーションコンプライアンス機能だ。どのような機能なのか。どうすれば使えるのか。(2021/5/12)

Microsoftのクラウド動向を追え
なぜ「PowerShell」スキルがIT管理者の人生を左右するほど重要なのか?
Microsoftが数年ごとにリリースした更新プログラムに関わる業務習慣に縛られてはならない。この業界に関わり続けるには、IT管理者は「Windows PowerShell」とクラウド製品を習熟する必要があるだろう。(2017/12/8)

自分のキャリアと才能まで“仮想化”していませんか
仮想サーバ管理者が今すぐクラウドへ転身すべき理由
熟練の仮想サーバ管理者は、クラウドの登場に伴い、仮想サーバが主流ではなくなっていく現状を見据えるべきだ。先が見えなくなる前に、進路変更を検討してはどうだろう。(2017/8/7)

プライベートクラウド管理者のための認定資格と教材【後編】
AWS、Google、Dell EMCの「プライベートクラウド」構築に役立つ認定資格とは?
プライベートクラウド構築に携わるIT管理者を支援すべく、ベンダー各社は自社製品に関する知識や技術の獲得に役立つ認定資格や教材を用意している。AWS、Google、Dell EMCの認定資格や教材を紹介しよう。(2021/4/17)

「テキストのみか、視覚的か」だけではない違い
「CLI」が「GUI」よりもネットワーク管理者に愛され続けた理由
ネットワーク管理に使うユーザーインタフェースとして「CLI」と「GUI」にはそれぞれ利点がある。広く使用されてきたCLIとGUIのどちらをどう使えばいいのか。両者の今を見つつ検討してみよう。(2020/11/25)

IT管理者の仕事が楽しくなる
失業したくないなら身に付けるべきIT管理者の新スキル
多くの企業がRPA(ロボティックプロセスオートメーション)に象徴される自動化を取り入れようとしている。IT管理者が失業を回避するためには、自動化を先取りする必要がある。どうすればいいのか。(2019/1/22)

リスクはエンドポイントにあり
「Windows」のローカル管理者権限をスタッフから剥奪すべき“正当な理由”
従業員のご機嫌を取るという理由だけのためにローカルの管理者権限を付与している企業もある。だが、管理者特権を剥奪することで、多くの問題を防止し、セキュリティは向上する。(2015/8/10)

TechTarget発 世界のITニュース
Appleが「WebKit」の脆弱性を修正 ユーザーがやるべきことは?
Appleは「iOS」や「macOS」が搭載するレンダリングエンジン群「WebKit」の脆弱性を修正した。同社はユーザーや管理者に対象となるOSを更新するよう呼び掛けている。(2021/6/16)

学歴と資格まで評価対象
「できるネットワーク管理者」になるための条件
ネットワーク管理者の仕事内容や仕事量、責務はどのようになっているのか。ネットワーク管理者は、企業のネットワークインフラを常に問題なく機能させる役割を担う。(2016/6/1)

ゼロトラストセキュリティの実現を見据え
テレワークやクラウドシフトで変わるエンドポイントセキュリティ対策とは
企業への導入が拡大する「テレワーク」には多くの利点がある。だが、管理者には、これまで目の届く範囲にあったPCをはじめとするエンドポイントの管理が難しくなる課題をもたらした。この課題に対する抜本的な解決策はあるのか。(2021/6/14)

障害予兆検知でIT管理者の工数削減
Windows 10時代の次世代保守サポート、一人情シスの新しい選択肢になるか
Windows 10の移行やテレワークの普及によって、従業員のクライアントPC保守やサポートに関するIT管理者の負荷が高まっている。IT管理の負荷軽減、作業効率化のために何ができるのだろうか。(2021/3/31)

情シスの働き方を変えるITインフラの在り方
サイロ化した三層構造システムが阻むDX、専門家に聞いた整理術とは
企業が生き残るためにDXは避けられないが、IT管理者はあちこちに分散しサイロ化したITインフラの「お守り」に追われてそれどころではない。従来よりも簡単に社内のシステムを刷新し、数クリックで管理、移行、拡張を可能にする方法がある。(2021/4/26)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
シンプルで使いやすい次世代ストレージ基盤、管理インタフェースのポイントとは
ITインフラは、どれほど高性能でパフォーマンスに優れていても、使いにくければ意味がない。そこで、合理化された運用が特長の「次世代ストレージアプライアンス」が、管理者にとって使いやすい理由に迫る。(2021/4/8)

人事が技術講習を受けることも成功要因に
人材管理(HCM)システムを扱う上で必要な人事部スキル9選
人事部のシステム管理者は、人事部の活動の戦略性を高める上で重要な役割を担う。本稿では、人事部のシステム管理者に求められる9つのスキルを解説する。(2017/12/22)

メールセキュリティ戦略【後編】
堅牢なメールセキュリティ層を構築するための唯一の方法
メールはその性質上、システムの一部に人間が必然的に含まれる。だが優秀な管理者はここに活路を見いだす。彼らが堅牢なメールセキュリティ層を構築する方法とは何か。(2021/5/14)

進化する「Teams」の4大注目要素【後編】
「Teams」を使う人も、管理する人も幸せになれる機能とは?
「Microsoft Teams」は2021年も機能強化が続く見込みだ。IT管理者がTeamsの最新版を展開する前に、綿密に評価しておきたい注目機能を紹介する。(2021/3/10)

今後に備えるために
2019年に磨くべき5つのデータセンタースキル
データセンターにおけるソフトウェアの比重が高まる中、管理者はクラウドやコンテナ、DevOps、人工知能(AI)について学び、今後に備える必要がある。(2019/2/25)

データを企業価値に転換
ソフトウェア定義ストレージを生かすにはストレージ管理者の変化も必要
データの有効活用にソフトウェア定義ストレージがどのように貢献するのか。何が実現するのか。だがそのためにはストレージ管理者も変わらなければならないという。(2018/11/19)

フィッシングなど、メールによるサイバー攻撃を防ぐ
フィッシングメールをワンクリックで管理者に報告 プルーフポイントが訓練サービス
日本プルーフポイントが従業員訓練を中心としたメールセキュリティサービスを提供開始した。従業員のフィッシング対策用Web教材や、不審なメールをワンクリックで管理者に報告できるサービスなどをそろえた。(2018/8/6)

パッチ適用を巡る諸問題【後編】
パッチ適用による障害を避ける確実な方法
多くの管理者を悩ませる、パッチ適用時に不可解な理由で発生する障害。これを確実に避ける方法とは何か。(2021/3/4)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【前編】
いまさら聞けない「Chromebook」の基礎 “データを持たない”利点と欠点は
「Chromebook」は機能をそぎ落としてコスト効率を追求したノート型デバイスだ。ビジネスでChromebookを利用する上で、IT管理者が考慮すべき点は何か。まずはChromebookの基本的な仕組みを説明する。(2020/11/3)

仮想化ソフトウェア「XCP-ng」とは【後編】
オープンソース仮想化ソフト「XCP-ng」が解決するOSS特有の課題とは?
「Xen Cloud Platform」(XCP)の後継に当たるXen Projectの仮想化ソフトウェア「XCP-ng」は、「Linux」に詳しくない管理者でも仮想化技術を利用しやすい仕組みを備えている。それは何か。(2020/12/4)

建設現場のバックアップ問題を一手に解決
管理者不在の建設現場でも効率的なバックアップ運用が低コストで実現可能なわけ
建設現場の事務所などにおいて苦労するのがデータ管理だ。本社と同じようなバックアップ設備もない。IT担当者も不在の環境で、効率的かつ安全にプロジェクトデータを守る方法はないものか。(2020/2/27)

Oracle Database 18cは管理者不要……らしい
OracleのCEOが予言「数十万人のOracleデータベース管理者は失業する」
OracleのCEOマーク・ハード氏が、同社の自立型データベース「Oracle Database 18c」の導入メリットを語った。同製品を導入すれば、「必要な管理者はゼロになる」という。(2018/6/26)

考えを改めないとこの先続けるのは無理
Windows PC管理者のたそがれ――企業内で変わる“エンドポイント”の姿とは
デスクトップ管理者は、これまで数十年間ずっとIT部門に所属してきた。しかし管理対象のエンドポイントがWindowsベースから他の環境に移行しつつある今、その職務と肩書は進化の時を迎えている。(2017/4/18)

「Chromebook」のセキュリティ機能を学ぶ【後編】
「Powerwash」とは? 「Chromebook」を安心して使うセキュリティ機能
業務で「Chromebook」を利用する場合、IT管理者はそのセキュリティ機能を理解しておく必要がある。「Powerwash」をはじめ、Chromebookが持つ主なセキュリティ機能を紹介する。(2020/11/26)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
仮想化環境を極限まで簡素化、データ量も最大21分の1に削減する最新HCIの魅力
日々さまざまな問題の対応に追われる仮想化環境の管理者にとって、その簡素化は重要なテーマだ。そこで、コンバージドインフラの柔軟性とHCIのシンプルさを統合し、よりフレキシブルなアーキテクチャを実現した最新HCIに注目したい。(2021/5/31)

長年の議論に終止符は打たれるか
「Xen」と「KVM」 2大ハイパーバイザーのどちらを選ぶべきなのか?
「Xen」か「KVM」かという論議は、どちらを主要ハイパーバイザーにするかという選択を管理者に迫る。それぞれどのような特徴があるのか。(2020/4/21)

レノボ・ジャパン合同会社提供ホワイトペーパー:
リモートワークでの生産性や管理性を左右する、デバイス選びの最新要件とは?
リモートワークが定着しつつあるいま、その生産性を左右するものとして重要度が増しているのが、従業員が使用するデバイスだ。ユーザー/管理者双方にとって重視すべき要件を解説するとともに、それらを満たすある製品群の特長を紹介する。(2021/3/16)

レノボ・ジャパン株式会社提供eBook:
「Windows 10がクラッシュする原因」を説明できるようになる方法
「Windows 10」デバイスの管理者にとって、マルウェア感染やクラッシュといったトラブルへの対処は、大きな負担になる。作業の効率化に役立つ手段を紹介しよう。(2020/9/23)