2021年04月28日 10時00分 公開
PR

IT管理者を悩ます“テレワーク対応” 次々と生じる課題をまとめて解消するには山積するセキュリティとネットワークの課題

緊急対応として進められたテレワーク導入により、現在、IT管理者は困難な課題に直面している。今後のテレワーク対応を考えるに際して、IT管理者はどのような解決策を選ぶべきか。PCとネットワークの観点からその答えを探る。

[TechTargetジャパン]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を背景とした急速なテレワークの普及は、IT管理者に困難な課題をもたらした。当初VPN回線の逼迫(ひっぱく)が大きな問題となり、その対策として、やむなくインターネットに直接接続してクラウドサービスにアクセスする方式を選んだ企業も多いだろう。

 しかし、この選択によって各種セキュリティ製品によるトラフィック検査は難しくなり、マルウェア感染による情報漏えいリスクは高まっている。テレワークでは個々のPCが異なる場所に分散するため、IT管理者の目が行き届かなくなり、さまざまなリスクが発生し得る状況も生じている。

 テレワークに欠かせないWeb会議ツールは、PCに大きな負荷を掛ける。そのためコロナ禍の発生以前と比べると、業務PCに求められるスペックが相対的に上がっているという。このようにさまざまな課題を抱えるIT管理者は、今後のテレワーク対応を考えるに際して、どのような解決策を選ぶべきか。PCとネットワークの観点からその答えを探る。


提供:丸紅ネットワークソリューションズ株式会社、株式会社 日本HP
アイティメディア営業企画/制作:アイティメディア編集局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.