2020年11月25日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドサービスの「管理者アカウント」乗っ取りはなぜ危険かクラウドサービスのアカウント乗っ取りを防ぐ【前編】

強い権限を持つ管理者アカウントの乗っ取りは、企業に多大な被害をもたらし得る。クラウドサービスに関する管理者アカウントの乗っ取りでは、どのようなアカウントが標的となり、どのような被害につながるのか。

[Ed Moyle,TechTarget]

 セキュリティ担当者であれば、システム設定の変更や重要データへのアクセス権といった強い権限を持つ「特権」などの管理者アカウントを悪用されることの危険性を熟知しているはずだ。攻撃者が重要なシステムの管理者アカウントを乗っ取れば、壊滅的な状況を招きかねない。ビジネスに支障が出たり、データを暗号化されて身代金を要求されたり、さらなる攻撃の踏み台として被害に遭ったデバイスが利用されたりといった事態が起こり得る。

 特権などの管理者アカウントが乗っ取られて攻撃を受けた企業が、被害から復旧することがどれほど難しいかについても、セキュリティ担当者であれば認識しているだろう。攻撃者が管理者アカウントを悪用して、認識できないほどのわずかな変更を加える可能性もある。そうなればセキュリティ部門が自信を持って「完全に復旧できた」と断言するのは難しくなる。

 こうした状況はクラウドサービスであっても変わらない。それどころか、場合によってはさらに悪い結果につながることもある。

クラウドサービスの管理者アカウントを悪用されるリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...