クラウドサービスの「管理者アカウント」乗っ取りはなぜ危険かクラウドサービスのアカウント乗っ取りを防ぐ【前編】

強い権限を持つ管理者アカウントの乗っ取りは、企業に多大な被害をもたらし得る。クラウドサービスに関する管理者アカウントの乗っ取りでは、どのようなアカウントが標的となり、どのような被害につながるのか。

2020年11月25日 05時00分 公開
[Ed MoyleTechTarget]

 セキュリティ担当者であれば、システム設定の変更や重要データへのアクセス権といった強い権限を持つ「特権」などの管理者アカウントを悪用されることの危険性を熟知しているはずだ。攻撃者が重要なシステムの管理者アカウントを乗っ取れば、壊滅的な状況を招きかねない。ビジネスに支障が出たり、データを暗号化されて身代金を要求されたり、さらなる攻撃の踏み台として被害に遭ったデバイスが利用されたりといった事態が起こり得る。

クラウドサービスの管理者アカウントを悪用されるリスク

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。