「Windows」と「Chromebook」の“良いとこ取り”なうれしい方法とはChromeOSでWindowsアプリ継続【中編】

Windowsアプリケーションの利用を継続しつつも、より中身の軽量なPCに移行したい場合に使える選択肢がある。PCのエンドユーザーにとっても、IT管理者にとっても利点が得られる可能性のある方法だ。

2024年04月28日 09時00分 公開
[Gary OlsenTechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Chromebook | Microsoft Office | Windows | Windows 11


 一部の企業は、MicrosoftのクライアントOS「Windows」を搭載したPCから、「Chromebook」のようなOSが軽量なデバイスに移行している。Chromebookは、GoogleのクライアントOS「ChromeOS」を搭載するデバイスだ。企業のIT担当者にとってはサポート作業がより簡素になり、エンドユーザーにとってはPCでの作業がより効率的になる利点が見込める。

 企業がChromebookを使用する場合、オフィススイート「Microsoft Office」を含めて利用を継続できないWindowsアプリケーションが出てきてしまうことが問題の一つになる。ただし本来はChromebookで互換性のないアプリケーションであっても、Chromebookで利用を継続できる便利な方法がある。

「Chromebook」と「Windows」の“良いとこ取り”

 Chromebookに移行したとしても、アプリケーションを仮想化するツールでWindowsのアプリケーションの利用を継続できる可能性がある。アプリケーション仮想化ツールベンダーCameyoの同名ツールは「Virtual App Delivery」(VAD)という機能を提供している。

 VADを利用すると、デスクトップ版アプリケーションとしてを使うようにして、Microsoft OfficeをChromebookで使用できるようになる。VADは、ソフトウェアベースのアプリケーション配信コントローラーを使用する。クラウドインフラを介してアプリケーションを配信する仕組みだ。

 Microsoft OfficeをWeb版で使用すると利用できない機能があるが、VADを使えば、Web版では提供されないインタフェースや追加機能を備えたアプリケーションをChromebookに配信することができる。そのアプリケーションは、WindowsやAppleのクライアントOS「macOS」のアプリケーションを使う場合と同じように、PCにインストールされているアプリケーションを一覧表示して起動させる「ランチャー」の画面に表示される。

 Cameyoのツールは、PCにインストールされたデスクトップ版アプリケーションのような利用体験で使える仕組み「Progressive Web Apps」(PWA)で、ChromeOS以外のOS向けアプリケーションを配信する。主にデスクトップ版Microsoft Officeの配信を目的としているが、用途はそれだけにとどまらない。他のWindowsアプリケーションや、OS「Linux」向けのアプリケーション、SaaS(Software as a Service)、独自に開発したアプリケーションなども配信対象になる。

Cameyoをインストールする際の確認事項

 Cameyoのツールのインストールと設定は簡単だ。インストールは数分で完了する。インストールに当たっての革新しておくべき手順は以下の通りだ。

  1. 無料トライアル版を任意で利用する
  2. クラウドインフラから配信する「完全ホスティング版」(Fully Hosted)か、配信するインフラをユーザー企業が選択する「セルフホスティング版」(Self Hosted)を選択する
  3. 必要なアプリケーションのライセンスを保持しており、それがCameyoの対象になっているかどうかを確認する
  4. ユーザー認証に関する計画を立てる
    • Cameyoはディレクトリサービス「Active Directory」(AD)、さまざまなSSO(シングルサインオン)のシステムと連携できる。
  5. ホスティングの計画を立てる。
    • パブリッククラウドやプライベートクラウドのサービス、オンプレミスのサーバなどの中からCameyoをホストするためのインフラを選択できる。

 次回は、Cameyoをホスティングする選択肢の違いを紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「広告のムダ打ち」はなぜなくならない? アドフラウド以外に考慮すべき3つの視点
「アドフラウド」以外に、広告が届けたい相手にきちんと届くようにするために留意すべき...

news014.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年5月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...