「PowerShell」を日本語&無料で学びたい人向けの“お手軽ツール”はこれだ「PowerShell」オンラインコース10選【第4回】

「PowerShell」のスキルは、システム管理者の専門性が重視される時代において、キャリアパスを開く重要な要素になる可能性がある。日本語で学べるものも含め、PowerShellのオンライン学習コースを紹介する。

2024年03月23日 08時00分 公開

関連キーワード

Windows | Microsoft(マイクロソフト) | OS


 MicrosoftのクライアントOS「Windows」が標準搭載するコマンド実行ツール「PowerShell」のスキルを身に付けるには、どうすればいいのか。日本語で学習できる無料ツールも含め、PowerShellのオンラインコースを紹介する。

8.キャリアアップを見据える上級者向けの「PowerShell Online Training」

  • 提供会社
    • CBT Nuggets
  • レベル
    • 上級
  • コース概要
    • PowerShellを使用してコマンドレットやGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)ツールを作成する方法を一から学習できる。システム管理者はこのコースを修了してPowerShellの理解を深めることで、キャリアアップにつなげることが可能だ。企業はシステム管理者を新たにチームに迎えるとき、このコースを学習用の素材として使うこともできる。
  • 所要時間
    • 66時間
  • 受講料
    • 月額(ユーザー1人当たり59ドル)または年額(ユーザー1人当たり599ドル)のサブスクリプションが必要。

9.「PowerShellの概要」(日本語版)

  • 提供会社
    • Microsoft
  • レベル
    • 初級
  • コースの概要
    • PowerShellに不慣れなシステム管理者向けコース。基本コマンドを実行する方法をはじめ、PowerShellの基礎を学習できる。学んだコマンドを実際に使ってみる演習も用意されている。
  • 所要時間
    • 16分
  • 受講料
    • 無料

10.「PowerShellを使用して管理タスクを自動化する」(日本語版)

  • 提供会社
    • Microsoft
  • コース概要
    • コマンドの実行方法やスクリプトファイルを作成して実行する方法など、PowerShellに関する知識を深めることができる。その知識はユーザー管理や継続的インテグレーション/継続的デリバリー(CI/CD)、クラウドリソースの管理といったタスクの自動化に役立つ可能性がある。
  • 所要時間
    • 2時間57分
  • 受講料
    • 無料

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...

news068.jpg

社会人1年目と2年目の意識調査2024 「出世したいと思わない」社会人1年生は44%、2年生は53%
ソニー生命保険が毎年実施している「社会人1年目と2年目の意識調査」の2024年版の結果です。

news202.jpg

KARTEに欲しい機能をAIの支援の下で開発 プレイドが「KARTE Craft」の一般提供を開始
サーバレスでKARTEに欲しい機能を、AIの支援の下で開発できる。