初級者でも「PowerShell」がしっかり学べるオンライン基礎コースはこれだ「PowerShell」オンラインコース10選【第2回】

オンラインでMicrosoft「PowerShell」の学習ができるコースは、初級者から上級者向けのものまでさまざまだ。初級者や中級者がPowerShellの基礎知識を習得できるコースを紹介しよう。

2024年03月09日 08時00分 公開

関連キーワード

Windows | Microsoft(マイクロソフト) | OS


 MicrosoftのクライアントOS「Windows」が標準搭載するコマンド実行ツール「PowerShell」。システム管理者はこれを使いこなすことで、さまざまな業務の自動化ができる。PowerShellの“プロ”になるには、どうすればいいのか。PowerShellが学べるオンライン学習コースを紹介する。

4.まず基礎から学ぶ「PowerShell 7 Fundamentals」

  • 提供会社
    • Pluralsight
  • 対象バージョン
    • PowerShell 7
  • レベル
    • 初級〜上級
  • コース概要
    • 初心者から上級者までを対象とする12のコースで構成。PowerShellの基礎を学習できる。このコースを受講するには、ネットワークやトラブル対処などWindowsの幅広い知識が必要になる。
    • 初級者コースではPowerShellを使い始めるのに必要な情報が学べる。cmdlets(コマンドレット)の使い方やオブジェクトの操作方法、エイリアス(コマンド要素の代替名)の使用方法、ネットワークドライブなどを学習できる。
    • 上級者コースは管理作業を自動化するためのスクリプト作成に重点を置く。それに加え、PowerShellの動作に異常が見られた場合の対処法も学習できる。じっくり時間をかけてPowerShellの深い知識を身に付けたいと考えている人に最適だ。
  • 所要時間
    • 24時間
  • 受講料
    • Pluralsightではコース単位の価格は設定されておらず、3種類の個人向けプランと2種類の企業向けプランが用意されている。個人向けプランは年額299ドルから。企業向けプランはユーザー1人当たり年額579ドルから。

5.「Practical Desired State Configuration」

  • 提供会社
    • Pluralsight
  • 対象バージョン
    • PowerShell 7
  • レベル
    • 上級
  • コース概要
    • PowerShellを使用して構成管理をするためのツール「Desired State Configuration」(DSC)を学習する。このコースはさまざまな実用例を交え、DSCの運用ノウハウに重点を置いている。例えばMicrosoftのディレクトリサービス「Active Directory」(AD)の構成と管理の方法を学べる。イベント(システム運用状況における変化)に関するデータを転送する「Windowsイベント転送」(WEF)の設定方法も学べる。このコースを受講するには、PowerShellとDSCの基礎知識が必要だ。
  • 所要時間
    • 4時間23分
  • 受講料
    • Pluralsightのサブスクリプションが必要

 第3回は、PowerShellオンラインコースの第3弾としてLinkedInが提供するコースを取り上げる。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...