Microsoft 365がより便利になった? 「Copilot for Microsoft 365」の超基本オフィスアプリで使う生成AI【前編】

Microsoftのサブスクリプションサービス「Microsoft 365」では生成AI機能を活用する「Copilot for Microsoft 365」の利用が可能になった。まずは同ツールを使うに当たっての基本事項を押さえておこう。

2024年03月10日 10時30分 公開
[Katie FentonTechTarget]

 「Microsoft Copilot for Microsoft 365」(以下、Copilot for Microsoft 365)は、大規模言語モデル(LLM)の機能をサブスクリプションサービス「Microsoft 365」の各アプリケーションで使用できるようにするツールだ。これはテキストや画像を自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」を活用したツールの一つであり、有効に使えば日常的に発生する仕事の生産性を高めることができる。

 Copilot for Microsoft 365を利用するに当たって幾つか確認しておくべき点がある。まずはCopilot for Microsoft 365の概要を説明した上で、ライセンスや利用条件などを含めて利用に当たっての基本となる点を整理しておこう。

利用しやすくなった「Microsoft 365」向け機能

 Copilot for Microsoft 365の生成AI機能は、Microsoft 365の各種アプリケーションで利用できる。例えば文書作成ツール「Microsoft Word」やメールクライアント「Microsoft Outlook」、Web会議ツール「Microsoft Teams」などがMicrosoft 365に含まれている。

 LLMの機能をMicrosoft 365の各種アプリケーションに組み込むことで、Copilot for Microsoft 365は作業を自動化したり、エンドユーザーが自然言語で質問した内容に対して回答を返したりする。編集や分析などの支援も可能だ。

Copilot for Microsoft 365利用に当たっての前提条件

 Copilot for Microsoft 365の利用を開始する前に、まずは利用に当たっての前提条件を確認しておく必要がある。Copilot for Microsoft 365は、Microsoft 365の幾つかのプランで追加機能として利用できる。大企業向けのエンタープライズ系のプランとしては、

  • Microsoft 365 E3
  • Microsoft 365 E5

がある。

 一般法人向けのビジネス系のプランとしては、

  • Microsoft 365 Business Standard
  • Microsoft 365 Business Premium

がある。

 Microsoftは当初、Copilot for Microsoft 365を利用するには300ライセンス以上の購入が必要という条件を提示していたが、その条件を撤廃することを2024年1月に発表した。

 300ライセンス以上となれば、それだけのエンドユーザー数を抱える組織でなければ利用しにくいが、ライセンス数の条件がなくなったことで中小規模の組織でも利用しやすくなった形だ。


 次回は、Copilot for Microsoft 365を利用するに当たっての準備として実施しておくべき点を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...