Microsoft 365を「Copilot」で便利にするならまず何から始めるべき?オフィスアプリで使う生成AI【後編】

「Copilot for Microsoft 365」は、生成AIの機能を生産性向上に役立てることができるツールだ。どのような手順で利用を開始すればいいのか。事前の準備を含めて紹介する。

2024年03月24日 10時15分 公開
[Katie FentonTechTarget]

 「Microsoft Copilot for Microsoft 365」(以下、Copilot for Microsoft 365)は、生成AI(コンテンツを自動生成する人工知能技術)を使って業務の生産性を向上させるためのツールだ。

 Copilot for Microsoft 365は、Microsoftのアプリケーションをサブスクリプション型で利用できるサービス群「Microsoft 365」のうち、幾つかのプランの追加機能として使える。利用に当たってどのような準備が必要なの、どのような手順で利用を開始すればよいのかを押さえておこう。

「Copilot for Microsoft 365」はまずここから始める

 Copilot for Microsoft 365は、Microsoft 365の幾つかのプランで追加機能として利用できる。大企業向けのエンタープライズ系のプランとしては「Microsoft 365 E3」「Microsoft 365 E5」、一般法人向けのビジネス系のプランとしては「Microsoft 365 Business Standard」「Microsoft 365 Business Premium」がある。

 利用に当たっては、まずはセキュリティとプライバシーのリスクに対処し、データの準備をしておくことが望ましい。その具体的な内容については中編の「Microsoft 365は『Copilot』で便利になるけど実はこんな“注意点”があった」で説明している。

 次のステップとして、Copilot for Microsoft 365のライセンスをエンドユーザーに割り当てる。そのための方法には、コマンド実行ツール「PowerShell」を使う方法と、管理ツール「Microsoft 365 管理センター」を使う方法がある。

 Microsoft 365 管理センターを使用するライセンスを割り当てる場合の手順は次の通り。

  • Microsoft 365 管理センターにログインし、「ユーザー」「アクティブなユーザー」の順で選択する。
  • Copilot for Microsoft 365を使用できるようにするユーザーを選択する。
    • すでに適切なMicrosoft 365ライセンスが割り当てられているユーザーで、「最新チャネル」または「月次エンタープライズチャネル」のユーザーである必要がある。
  • 「ライセンスとアプリ」を選択し、目的のMicrosoft 365ライセンスを追加する。
  • 「アプリ」の下で、「Microsoft Copilot for Microsoft 365」を選択してライセンスを有効化する。
  • 「変更の保存」を選択して変更を適用する。

 IT部門がライセンスをユーザーに割り当てると、ユーザーはMicrosoft 365のアプリケーションとサービスで、生成AIを基にしたAIアシスタント「Microsoft Copilot」(以下、Copilot)を使用できるようになる。

 MicrosoftはユーザーがCopilotになじめるように、IT部門がCopilotの機能と使い方をユーザーに説明することを推奨している。IT部門はCopilotの活用促進のためのトレーニングや、フィードバックを収集する方法も検討するとよい。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

「ダークパターン」の認知は2割にとどまる――クロス・マーケティング調査
調査会社のクロス・マーケティングが実施したダークパターンに関する調査(2024年)の結...

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。