5Gは「無線LANの代わり」になるのか、やっぱり無理なのか?プライベート5Gと無線LANを比較【前編】

プライベート5Gは企業のネットワークを変える可能性を秘めた強力な技術だが、注意点やデメリットもある。“無線LANの代わり”になるのかどうかを考えてみよう。

2024年03月25日 07時30分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 「5G」(第5世代移動通信システム)について「期待されるほどは成果が出てない」という声が挙がる一方で、Verizon CommunicationsやAT&Tといった通信事業者は、個人や企業を問わず5Gを売り込み、ユーザーを増やしてきた。

 企業向けの5Gについては、企業が5Gを自営網として運用する「プライベート5G」にも注目が集まっている。プライベート5Gは、「無線LAN」を含めた企業の無線ネットワークを変革する可能性を秘めている。プライベート5Gは、“無線LANの代わり”になるのかどうか――。5Gの特性を踏まえて紹介する。

5Gが「無線LANの代わり」なんてやっぱり無理?

 5Gは4G(第4世代移動通信システム)に比べてデータ伝送速度が向上し、通信遅延や信頼性が大幅に改善したと通信事業者は宣伝してきた。1つのネットワークを論理的に分割する「ネットワークスライシング」が可能になった点も通信事業者は強調している。

 モバイル通信のプライベートネットワークを運用する場合、5Gの特性は企業にとって魅力的に見えるはずだ。5Gの売り文句だけを聞けば5Gは画期的だが、実際はそれらのメリットを即座に、かつ確実に享受できるとは限らない。

 メリットを得るためにはどのようなコストが必要なのかを理解する必要がある。というのも、プライベート5Gのセル(1つの基地局がカバーするエリア)は4Gに比べて狭く、基地局の数がより多く必要になることがあるからだ。

 なぜプライベート5Gに投資するのか。5Gは他のネットワーク技術より比較的高価なので、ほとんどの企業では無線LANをプライベート5Gで置き換えることはできない。

 企業は設計の前にネットワークに何を求めているのかを把握する必要がある。以下の項目は企業がプライベート5Gを使う場合でも、無線LANを使う場合でも変わらない。

  • ネットワーク要件
    • ビジネスでネットワークに何を求めるのかを詳細に定義できなければ、正しく設計することはほとんど不可能だ。
  • 設計スキル
    • 社内でネットワーク設計をすることは可能だが、専門的なトレーニングを受けた担当者が必要だ。基本的にはシステム設計の専門家・企業に委任するのがベストだ。
  • ネットワーク統合
    • 無線LANもプライベート5Gもネットワーク全体の一部に過ぎない。導入を成功させるにはLANやWANとの連携や、運用管理の統合が重要となる。
  • 配線
    • どちらの無線技術でも、有線のケーブル配線や経路を考慮する必要がある。

 中編はプライベート5Gと無線LANの違いを説明する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news080.jpg

DIORが本気で挑むラグジュアリー体験としてのAR
広告プラットフォームのTeadsがAR(拡張現実)とAI(人工知能)技術を応用したサービスを...

news057.jpg

AIに対して良い印象を持っている人は70%以上 理由は?
楽天インサイトが「AIに関する調査」結果を発表。AI(人工知能)のイメージや生活への関...

news079.jpg

狙うは「銀髪経済」 中国でアクティブシニア事業を展開する企業とマイクロアドが合弁会社を設立
マイクロアドは中国の上海東犁と合弁会社を設立。中国ビジネスの拡大を狙う日本企業のプ...