サポート切れ「Windows Server 2012」放置はNG サーバ移行に使えるあの方法Windowsファイルサーバ移行の方法【前編】

Windows Serverのサポート終了後はパッチの提供がなくなるので、使い続けることにリスクが伴う。「Windows Server 2012」でファイルサーバを運用してきた場合、どのような選択が求められるのか。

2024年03月21日 07時00分 公開
[Brien PoseyTechTarget]

関連キーワード

Windows Server | IAサーバ | サーバ


 MicrosoftのサーバOS「Windows Server 2012」と「Windows Server 2012 R2」(以下、併せて「Windows Server 2012」)のサポートは、2023年10月に終了した。サポートの終了後、MicrosoftはWindows Server 2012に対してセキュリティ修正プログラムとバグ修正プログラムを提供しない。

 Windows Serverの新バージョンやクラウドサービスへの移行において、ユーザー企業が不安を感じる用途の一つにファイルサーバがある。

サポート終了Windows Serverの放置NG ファイルサーバ移行どうする?

 オンプレミスでWindows Server 2012をファイルサーバに活用してきたユーザー企業は、「Windows Server 2022」などWindows Server新しいバージョンを搭載するサーバへのデータ移行を検討するようにしよう。

 検討事項の一つになるのが移行手法だ。特にIT担当者は、ファイルサーバの移行において不安を感じる傾向にある。ファイルサーバの移行作業は複雑になり、時間とコストがかかる。移行にトラブルが発生するような事態になれば、組織は混乱し、業務に支障を来す可能性がある。

 ファイルサーバの移行に対処する手段の一つは、Microsoftの管理ツール「Windows Admin Center」(Windows管理センター)の一機能「記憶域移行サービス」(Storage Migration Service)を使うことだ。

 記憶域移行サービスは、新しいバージョンのWindows Server搭載サーバへのデータ移行を支援する。移行元の対象には以下がある。

  • 古いバージョンのWindows Server
  • オープンソースのOSであるLinuxの「Samba」
    • SambaはWindowsのファイル共有機能を実現するソフトウェア。
  • ストレージベンダーNetAppの「CIFS」(Common Internet File System)サーバ
    • CIFSは、Windowsのネットワークでファイル共有をするためのプロトコルの一つ。
  • Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」

 記憶域移行サービスは、移行中のサービス停止時間(ダウンタイム)を最小限に抑える方法を採用している。そのため、移行元と移行先サーバ間のデータを効率的にやりとりし、移行作業をできるだけ迅速に完了させることができる。移行元サーバの識別情報(ID)を移行先サーバに引き継がせることも可能だ。これにより移行時の変更やそれに伴う問題を回避し、データ移行をスムーズに進められるようになる。


 次回は、記憶域移行サービスを利用する場合の要件や、具体的な手順を紹介する。

TechTarget発 世界のインサイト&ベストプラクティス

米国TechTargetの豊富な記事の中から、さまざまな業種や職種に関する動向やビジネスノウハウなどを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。