2021年02月09日 05時00分 公開
特集/連載

クラウド管理者に「Linux」「Windows」のスキルが必要な理由「クラウド管理者」必修スキル【前編】

クラウド管理者の役割は企業ごとに異なる。ただしクラウド管理者として成功するために必要な基本スキルは共通している。その代表例が「Linux」と「Windows」関連のスキルだ。

[Chris Tozzi,TechTarget]

 ユーザー企業におけるクラウド管理者の仕事は、大まかに言うとクラウドサービスで稼働させるワークロード(アプリケーション)の導入と管理だ。高収入につながるが、簡単な仕事ではない。

 学位を取ったり専門コースを受講したりするだけでは、クラウド管理者に必要なスキルを十分に身に付けることは難しい。クラウド管理者になるには、さまざまな知識とスキルを習得することが必要だ。本連載は、クラウド管理者に必要なスキルを説明する。

そもそも「クラウド管理者」とは

 同じ「クラウド管理者」という職名の仕事でも、現場で必要となるスキルは企業ごとに異なる。例えばクラウドインフラのアーキテクチャ設計とクラウドサービス活用戦略の立案は、概して「クラウドアーキテクト」という職名を持つ人が担当する。ただし企業によっては、こうした仕事もクラウド管理者が担当することがある。

 クラウド管理者が相当量のコードを書く場合もあれば、管理業務の大半をクラウド管理ツールのGUI(グラフィカルユーザーインタフェース)で実施できる場合もある。業務内容にばらつきがあるクラウド管理者を目指すには、まずは基本的なスキルを習得することが先決だ。

スキル1.Linux/UNIXとWindows

 「Linux」「Windows」両方の知識が、クラウド管理者には必要だ。企業によってはクラウドサービスで実行する仮想マシン(VM)として、ゲストOSがLinuxのVMとWindowsのVMが混在していることがある。その場合、LinuxとWindows双方のVMを管理することが必要になる。

 クラウド管理ツールもLinuxとWindowsの双方で使用することがある。Amazon Web Servicesの「AWS Command Line Interface」(AWS CLI)やGoogleの「gcloud command-line tool」など、各クラウドベンダーが提供する管理用コマンドラインインタフェース(CLI)ツールは、Linuxや「UNIX」向けの一般的な管理ツールと使い方が似ている。オンプレミスのWindowsインフラを管理するときは、これらのCLIツールをWindowsにインストールして実行する。


 次回以降は、クラウド管理者に必要なその他のスキルを紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...