2021年02月10日 05時00分 公開
特集/連載

「WSUS」を強化 SolarWindsのWindowsパッチ管理ツール「Patch Manager」の基礎「Windows」の主要パッチ管理ツール【第4回】

Microsoftの「WSUS」や「MECM」と連携させることで、より幅広いパッチ管理の作業を可能にする――。そんなサードパーティー製パッチ管理ツールがSolarWindsの「Patch Manager」だ。

[R.H. Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

Windows | パッチ


 第3回「Windowsパッチ管理を効率化する『Patch Manager Plus』『PDQ Deploy』の基礎」に続き、「Windows」のパッチ(更新プログラム)管理ツールのうち、Microsoftの純正ツール以外の選択肢として、サードパーティー製の「Patch Manager」を紹介する。

Patch Manager

 SolarWinds WorldwideのPatch Managerは、Microsoftの更新管理ツール「Windows Server Update Services」(WSUS)や構成管理ツール「Microsoft Endpoint Configuration Manager」(MECM、旧「System Center Configuration Manager」)の機能を拡張するサードパーティー製ツールだ(図3-1)。Microsoft製アプリケーションのパッチ管理や脆弱(ぜいじゃく)性への対処に加え、Microsoft製以外のアプリケーションのパッチ管理機能も搭載する。

画像 図3-1 Patch ManagerはWSUSの同期状況や設定を確認できるようにしている

 Patch Managerは特定の事業部門や、OSあるいはIPアドレスなどの要素に基づくカテゴリーで分類したカスタマイズ版のスケジュールを作成し、カテゴリーに応じて自動的にパッチを適用する機能を持つ。Windows搭載端末がパッチを必要としているかどうかを洗い出し、パッチの迅速な適用を支援する。管理対象は物理端末だけでなく、仮想マシンなど仮想化されたシステムも含む。WSUSやMECMと連携させることもできる。

 カスタマイズ機能の「Custom Package Wizard」は、複雑なスクリプトやMicrosoftのカスタムパッチ管理ツール「System Center Updates Publisher」を使うことなく、さまざまなアプリケーションのパッチ適用を実現する。Patch Managerは幾つかのアプリケーションについては標準でパッチ適用を可能にしており、これらのパッチをWSUSやMECMを通じて素早く入手可能だ。

 Patch Managerは管理画面でパッチ管理を一元化し、パッチに関する重要な情報を提供する。管理者はこの管理画面を通じて、パッチ状態の確認やコンプライアンスに関するレポート生成、最新パッチに関する情報の入手、欠落しているパッチの検出、パッチの全般的な健康状態の診断結果の参照などができる。Patch Managerは新たなパッチが入手できる状態になった時点で、管理画面かメールを通じて管理者に通知する機能も搭載する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...