2019年02月18日 05時00分 公開
特集/連載

管理者なら知っておきたいWindows 10の更新作業を軽くするTips ユーザーのストレスを軽減する方法とは

Windowsの最新の更新プログラムを都度適用するのは管理者、ユーザー双方に負担がかかる。グループポリシーの使用やストレージ空き容量の計画的な確保によって、ユーザーへの負担を最小限にとどめられる。

[Brien Posey,TechTarget]
画像

 Windowsの更新プログラムはどのような組織にとっても重要度が高い。このWindowsの更新作業にストレスを感じているIT担当者少なくないと思うが、幸運にもこのプロセスを管理し、簡素化できる方法があるので紹介しよう。

 自社のサーバにMicrosoftの「Windows Server Update Services」(WSUS)や、その他のパッチの管理コンソールを導入することが、Windowsの更新作業を管理する最良の方法の一つだ。

 WSUSを使用しない場合、Windowsは更新プログラムを自動的にダウンロードして実行する。パッチや更新プログラムの管理の自動化は魅力的に感じられるが、この自動化によって、パッチ管理の工程は著しく不安定になる。どのパッチや更新プログラムがどのタイミングで導入されるのかが分かりにくくなる。

 WSUSを使用すれば、更新プログラムをサーバに一括でダウンロードできる。つまり各デバイスが更新プログラムを個別にダウンロードせずに済む。また更新プログラムを承認またはブロックしたり、自動承認のルールを設定したりできる。そのためIT担当者は承認の作業をすることなく各デバイスに重要な更新プログラムを適用できる。

Windowsの更新作業を軽くするポイント

ディスク容量の管理

 IT担当者がWindowsの更新作業をスムーズに進めるためのもう一つのポイントとして、各デバイスに十分な空き容量を確保しておくことが挙げられる。ストレージの空き容量が不十分だと、更新が失敗する可能性がある。IT担当者が適切にモニタリングしていないと、こうした更新の失敗に気付かないままになり、デバイスがコンプライアンス違反になる恐れがある。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...