2018年10月04日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の更新にかかる時間を短くする方法機能更新プログラムの影響を抑える

Windows 10の更新は必要だ。更新により新機能が加わってセキュリティが向上する半面、PCのダウンタイムが発生する。更新によるユーザーへの悪影響は、IT部門が抑えることができる。

[Gary Olsen,TechTarget]
photo

 Windows 10にアップグレードしたOSの更新を怠ると、ハードウェアやソフトウェアの不具合が発生することがあり、加えて、組織はサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)な状態となる。

 Windows 10では「Windows as a Service(WaaS:サービスとしてのWindows)」という更新モデルが導入され、更新はこれまで以上に重要性を増している。WaaSでは、Microsoftが数年ごとに新しいOSをリリースするのではなく、継続的にWindows 10を更新する。

 WaaSをフル活用することで、IT部門はWindows 10の更新に関連した問題を回避できる。しかし常に最新の状態に保つことはそれほど簡単ではない。

品質更新プログラムと機能更新プログラム

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...