2018年10月04日 05時00分 公開
特集/連載

機能更新プログラムの影響を抑えるWindows 10の更新にかかる時間を短くする方法

Windows 10の更新は必要だ。更新により新機能が加わってセキュリティが向上する半面、PCのダウンタイムが発生する。更新によるユーザーへの悪影響は、IT部門が抑えることができる。

[Gary Olsen,TechTarget]
photo

 Windows 10にアップグレードしたOSの更新を怠ると、ハードウェアやソフトウェアの不具合が発生することがあり、加えて、組織はサイバー攻撃に対して脆弱(ぜいじゃく)な状態となる。

 Windows 10では「Windows as a Service(WaaS:サービスとしてのWindows)」という更新モデルが導入され、更新はこれまで以上に重要性を増している。WaaSでは、Microsoftが数年ごとに新しいOSをリリースするのではなく、継続的にWindows 10を更新する。

 WaaSをフル活用することで、IT部門はWindows 10の更新に関連した問題を回避できる。しかし常に最新の状態に保つことはそれほど簡単ではない。

品質更新プログラムと機能更新プログラム

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

恵方巻の予約購入派は35%、企業側は70%以上が予約販売を実施――ONE COMPATH調べ
恵方巻とフードシェアリングサービスに関する意識調査です。

news087.jpg

「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの連携は日本のプログラマティック広告をどう変えるか
「Oracle Data Cloud」とTrue Dataの購買データが連携し、プログラマティック広告配信に...

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。