2018年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

Windows Updateを理解するWindows 10の更新時期をコントロールする3つのサービスチャネル

IT担当者は、Windows10のサービスチャネルを利用すれば、複数のデバイスに異なる導入スケジュールを割り当てたり、必要に応じて更新を延期したりできる。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Windows 10の更新プログラムを導入するスケジュールを決めるために、IT担当者は「Windows as a Service」に関連する多くの基本概念を理解しなければならない。Windows as a Serviceは、Windows 10の3つのサービスチャネルから構成されるMicrosoftの更新プログラム配信モデルだ。

 MicrosoftはWindows 10の更新プログラムを、機能更新プログラムまたは品質更新プログラムとして提供する。機能更新プログラムは従来のリリース版に似ていて、Windows 10の新機能や機能強化が含まれる。同社は機能更新プログラムを年2回、春と秋に提供する。品質更新プログラムは最低月1回リリースされ、セキュリティと信頼性の問題に対処する。

 Windows 10のサービスチャネルは、デバイスが更新プログラムを受け取るスケジュールをユーザーが管理できるようにする管理構造だ。各サービスチャネルがIT担当者に与える管理レベルはそれぞれ異なる。

MicrosoftによるWindows 10の3つのサービスチャネル

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。