2018年07月04日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10 April 2018 UpdateはAI活用でトラブル減少 その仕組みは?2億5000万台以上が既に適用

Windows Updateの問題はWindows 10においても変わらず続いている。MicrosoftはAI(人工知能)を活用することでトラブル削減を狙っているようだ。

[Ed Tittel,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | 機械学習 | 統合運用管理


画像 悩ましいWindows Updateが改善する?

 Microsoftの「Windows ブログ」に掲載された2018年6月14日付の記事は注目すべきものだった。執筆者は同社でWindowsのサービスと配信を担当するプログラム管理ディレクター、ジョン・ケーブル氏だ。この記事によると、同社ではアップデートやアップグレードの適用対象端末をテレメトリー(遠隔地データを収集)で判別しているという。

 ケーブル氏はこの記事で「私たちのAIを使った取り組みでは、フィードバックデータを使ってアップデートに適した端末を迅速に選別し、そのような端末に早期に2018年4月のアップデート(April 2018 Update)を提供する。信頼性の高いアップデートを目標にしており、安全かつ高速な配信をする」と述べる。これは、AIによるWindows 10アップデートの配信強化を指している。

AIによるWindows 10アップデート配信強化の効果

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。