2018年07月21日 05時00分 公開
特集/連載

OSの設定変更でパフォーマンスを向上「Windows 10」を無料で高速化する4つの方法 (1/2)

企業導入が進みつつある「Windows 10」。日常的に活用するからこそ、そのパフォーマンスは重要だ。Windows 10高速化のための調整方法を紹介する。

[Ed Tittel,TechTarget]
画像

 「Windows 10」の高速化を図るために、IT担当者が取り得る手段は幾つかある。調整は、設定を変更したり、ハードウェアやメモリを追加したりすることで簡単に実現できる。

 物理メモリ容量を最大限に増設すれば、Windows 10のパフォーマンスは劇的に向上する。32bit版のWindows 10は4GBまでのメモリを利用でき、64bit版は自分がインストールしているWindows 10のバージョンやデバイスのマザーボード次第で、128GB以上のメモリを利用できる。

 メモリは安価なので、日常的に使うデバイスの場合、32bit版では最大の4GB、64bit版では最低でも16GBのメモリの導入を検討してほしい。デバイスやマザーボードの仕様をチェックして、自分のデバイスが搭載できる最速のメモリを購入することもできる。

 本稿ではOSの設定方法を中心に、Windows 10のパフォーマンスを高める手段を説明する。以下の項目について、詳しく解説していこう。

  • ページファイルの最小化
  • UIの視覚効果を無効化
  • 不要なサービスの一掃
  • スタートアッププログラムの管理

本稿で紹介する手法の一部は、Windowsの起動に関連する設定の変更を含みます。設定内容によってはWindowsが正常に起動しなくなる可能性があります。実行を許可されたスタッフが、あくまでも自己責任において実行してください。


手段1.ページファイルの最小化

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news090.jpg

ABEJA永淵恭子氏のモットーは「一石二鳥」、マーケティング施策の効果を最大化するために
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news081.jpg

経営者になって分かった「真のマーケティング」――空の松村大貴氏に聞く
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news036.jpg

消費税率引き上げに関する企業の意識、実施の是非は拮抗――帝国データバンク調査
帝国データバンクは「消費税率引き上げに対する企業の意識調査」を実施しました。