2018年08月15日 05時00分 公開
特集/連載

分析機能とセキュリティを強化Windows 10の更新とアップグレードを簡単にする7つの機能

Microsoftが同OSに搭載している「SetupDiag」「ロールバックスクリプト」など、Windows 10の更新とアップグレードのプロセスを単純化するための7つの機能を紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Windows 10の機能更新プログラム「Windows 10 April 2018 Update」では、ITプロフェッショナルによるWindows 10の更新とアップグレードを支援するため、7つの重要な機能が導入された。

 Windows 10 April 2018 Updateでは、Windows 10の更新の際にIT部門がカスタムアクションを実行したり、IT部門が更新前の状態に戻す場合にスクリプトの実行を指定したりすることができる。同更新プログラムでは「Deployment Image Servicing and Management(DISM)」ユーティリティーに新しいコマンドが加わった他、新しく登場したコマンドラインユーティリティー「SetupDiag」を使って更新の失敗をITプロフェッショナルが診断できるようになった。

 さらに、Microsoftは「Update Compliance」「Upgrade Readiness」「Device Health」の強化を図り、Windowsのアップグレードと更新に関係した機能を盛り込んでいる。

カスタムアクション

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...