2018年08月15日 05時00分 公開
特集/連載

Windows 10の更新とアップグレードを簡単にする7つの機能分析機能とセキュリティを強化

Microsoftが同OSに搭載している「SetupDiag」「ロールバックスクリプト」など、Windows 10の更新とアップグレードのプロセスを単純化するための7つの機能を紹介する。

[Robert Sheldon,TechTarget]
画像

 Windows 10の機能更新プログラム「Windows 10 April 2018 Update」では、ITプロフェッショナルによるWindows 10の更新とアップグレードを支援するため、7つの重要な機能が導入された。

 Windows 10 April 2018 Updateでは、Windows 10の更新の際にIT部門がカスタムアクションを実行したり、IT部門が更新前の状態に戻す場合にスクリプトの実行を指定したりすることができる。同更新プログラムでは「Deployment Image Servicing and Management(DISM)」ユーティリティーに新しいコマンドが加わった他、新しく登場したコマンドラインユーティリティー「SetupDiag」を使って更新の失敗をITプロフェッショナルが診断できるようになった。

 さらに、Microsoftは「Update Compliance」「Upgrade Readiness」「Device Health」の強化を図り、Windowsのアップグレードと更新に関係した機能を盛り込んでいる。

カスタムアクション

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。