2020年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドとオンプレミス、必要な「コスト」と「スキル」が多いのはどっち?クラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【後編】

クラウドサービスはハードウェアの購入が不要だが、オンプレミスのインフラと比べてコストが下がったり、必要なスキルが少なくなったりするとは限らない。2つのインフラの「コスト」と「必要なスキル」の違いとは。

[Zachary Flower,TechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といったインフラ関連のクラウドサービスとオンプレミスのインフラは、どちらも一長一短だ。クラウドサービスはハードウェアの購入や保守をする必要がないが、状況によっては、オンプレミスのインフラで稼働するシステムをクラウドサービスに移行させることで、高額なコストが掛かる場合もある。

 前編「クラウドとオンプレミスはどちらがより『安全』で『信頼』できるのか」に引き続き、クラウドサービスとオンプレミスのインフラを比較する4つのポイントのうち、残る2つを説明する。

比較ポイント3.コスト:従量課金制か、サーバを購入するか

 クラウドサービスの場合、CPUやメモリといったリソースを使用した分だけコストが発生する。クラウドサービスの内外で頻繁にデータをやりとりしたり、蓄積するデータ量が継続的に増加したりするシステムの場合、クラウドサービスを使い続けると多額のコストが発生する事態になりかねない。

 オンプレミスのインフラの場合は、ハードウェアの用意が必要だ。既にハードウェアを所有している場合、コストはハードウェアの保守と電気代だけになることもある。ただしシステムを拡張するときに、場合によっては追加でサーバハードウェアを購入する必要が生じる。

比較ポイント4.スキル:新しいスキルと古いスキル

 クラウドサービスとオンプレミスのインフラを比較検討する際には、それぞれの運用に必要なスキルを検討することが重要だ。クラウドサービスの主要なメリットに、ハードウェアの管理という複雑で難しい作業が不要になることがある。ただしクラウドサービスの利用で習得すべき新しいスキルが存在しないという考えは間違いだ。

 例えばAmazon Web Services(AWS)の同名クラウドサービス群を利用するときに、アクセス制御ツールの「AWS Identity and Access Management」(AWS IAM)を使ったアクセス制御の方法を習得することは、それ自体が難しい。AWS IAM以外にも、AWSは無数のサービスや機能を提供している。これらを利用すればするほど、習得しなければならないスキルは多くなる。


 クラウドサービスは複数のメリットを持つが、選べるインフラがクラウドサービスだけだという状況は多くない。ハードウェアの管理が不要なことや初期コストの安さからクラウドサービスを選択する企業もあれば、クラウドサービスを選択することが現実的ではない企業もある。クラウドサービスとオンプレミスのインフラのどちらを選ぶにしても、自社の業務プロセスや事業、従業員にもたらす可能性があるメリットとデメリットを考慮しなければならない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news133.jpg

アレン・マイナー氏×境真良氏 「日本企業的DX」の神髄とは何か
異色の大物対談で語られたDX(デジタルトランスフォーメーション)の核心とは何か。

news059.jpg

世界のCMOの62%が今後1年間マーケティング予算は削減か横ばいと回答――電通インターナショナル調査
電通インターナショナルが世界規模で実施した「CMO調査2020」の結果です。

news017.jpg

HubSpotとWeWork 世界の成長企業が新しい日常で実践するスマートな働き方
ニューノーマル時代に企業が成長し続けるためのヒント。