2020年07月09日 05時00分 公開
特集/連載

クラウドとオンプレミスはどちらがより「安全」で「信頼」できるのかクラウドとオンプレミスを比較する4つのポイント【前編】

クラウドサービスよりも、ハードウェアを自社で制御できるオンプレミスのインフラの方がセキュリティが高いかというと、必ずしもそうではない。2つのインフラの違いを「セキュリティ」「信頼性」の観点で比較する。

[Zachary Flower,TechTarget]

 IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)といったインフラ関連のクラウドサービスは、オンプレミスのインフラと比べてCPUやメモリといったリソースの拡張が容易で、豊富なツールを提供している。ただし全てのシステムをクラウドサービスに移行することが、あらゆる問題の理想的な解決策になるわけではない。必要なデータセキュリティ対策や自社で保有しているスキルの量・質など、企業にはさまざまな要件がある。クラウドサービスとオンプレミスのインフラを適切に比較するには、それぞれのメリットとデメリットを認識しておくことが重要だ。

 前後編にわたり、クラウドサービスとオンプレミスのインフラとの違いを比較する4つのポイントを紹介する。どちらが自社のニーズに沿っているかを評価する際の参考にしていただきたい。

比較ポイント1.セキュリティ:ベンダーを信頼するか、社内に保持するか

ITmedia マーケティング新着記事

テレビ放送と人流の相関を示すデータサービス クロスロケーションズが提供開始
テレビ番組やテレビCMをテキスト化・データベース化した「TVメタデータ」とGPSをベースと...

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...