2020年07月10日 05時00分 公開
特集/連載

「VPN」は在宅勤務中は常に有効化すべきなのか?「VPN」の誤解と現実【前編】

広く利用されているだけに「VPN」に関する意見はさまざまだ。VPNを常に有効にしておくべきか、無効にしておくべきか。これも意見が分かれる問題だ。どう考えるべきなのか。

[Michaela Goss,TechTarget]

 「VPN」(仮想プライベートネットワーク)は、在宅勤務などのテレワークを支える技術だ。企業の間で広く利用されていることもあり、VPNに関する情報はあふれている。だが中には誤ってVPNを認識していたり、誤解に結び付く説明がなされていたりすることもある。

 VPNに関して注意すべき情報として、例えば次のようなものがある。

  • VPNはユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)の妨げになる
  • VPNは常に有効にしておかなければならない
  • VPNは時代遅れだ

 これらを信じる人はいるだろう。だが「いずれも決定的な真実とは言い切れない」と、VPNベンダーNetMotion Softwareでマーケティングを統括するジョエル・ウィンデルズ氏は語る。業務継続のためにテレワークの必要性が高まる中で、VPNにまつわる“神話”と“事実”は区別しなければならない。

 テレワークにおいて特にVPNを利用する必要性が高いのは、機密データを扱う場合だ。小規模の小売業者であれば問題は大きくない可能性があるが、金融機関や法律事務所といった機密データを頻繁に扱う事業者の場合は、VPNの扱いに関して絶対に妥協してはいけない。

「VPNを常に有効化」は是か非か

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...