2020年04月17日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナウイルスで脚光 「テレワーク」を止めないネットワークの条件とはパンデミックに対するネットワークの備え【前編】

パンデミックや災害は突然発生する。テレワークを実施する必要が生じる際、ネットワーク面ではどのような問題を考慮する必要があるのだろうか。

[Paul Kirvan,TechTarget]

関連キーワード

VPN | ネットワーク


 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が引き起こしたようなパンデミック(感染症の世界的な大流行)が起こると、企業ではウイルス性疾患にかかった従業員から病欠の連絡が相次ぐ恐れがある。こうした事態を避けるため、また従業員が仕事を再開できる程度にまで回復した場合に備える手段として、テレワークは有効だ。従業員が遠隔地から必要なデータや社内のネットワークにアクセスできる体制を整えることが重要になる。

 自社リソースへのリモートアクセスを容易にするために最も広く使われているテクノロジーは依然として「VPN」(仮想プライベートネットワーク)だ。テレワークを取り入れている企業では一般的に、全従業員のうち10〜20%程度が一度にテレワークを実施する。その程度であればリソースへのアクセスが急増して問題になるケースは多くはない。

 感染症対策など慎重を期す場合は、経営陣が従業員の大半または全員に在宅勤務を命じることがある。そうなるとネットワークの負担が急増し、機能が停止したりスループット(データ伝送の実効速度)が低下したりする可能性がある。

パンデミックに備えるネットワークの条件

ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...