医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用LLamasoft製ソフトウェアを導入

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

2020年04月17日 05時00分 公開
[Mark LabbeTechTarget]

 非営利団体のEversightは、眼組織のドナー登録と移植、研究を通じて視力の回復に貢献している。ミシガン州に本部を置く同組織は、世界中から提供された眼組織を回収・搬送して、視覚研究や角膜移植に使用している。

一刻を争う眼組織の配送

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。