2020年04月17日 05時00分 公開
特集/連載

医療団体が“脱Excel”してSCM製品に切り替えた理由 眼組織の需要予測に利用LLamasoft製ソフトウェアを導入

眼組織を回収して医療機関に配送する非営利団体のEversightは、眼組織の需要予測の手段を「Microsoft Excel」からLLamasoftのサプライチェーンマネジメント製品に切り替えた。その理由と効果とは。

[Mark Labbe,TechTarget]

 非営利団体のEversightは、眼組織のドナー登録と移植、研究を通じて視力の回復に貢献している。ミシガン州に本部を置く同組織は、世界中から提供された眼組織を回収・搬送して、視覚研究や角膜移植に使用している。

 年間8000個の眼組織を扱うEversightにとって、時間短縮は不可欠だ。眼組織の回収と搬送に使える時間には、厳しい制約がある。そのため同団体は2019年10月に、時間の制約内で眼組織を扱うための高度なサプライチェーンのモデル(設計図)化のために、予測分析とサプライチェーンマネジメント(SCM)のベンダーLLamasoftのソフトウェアを導入した。

一刻を争う眼組織の配送

 「われわれの活動には、非常に厳しい時間制約がある」と、Eversightの臨床サービス部門長であるライアン・シモンズ氏は述べる。シモンズ氏によると、ドナーの死後、摘出した組織を摘出するまでにかけられる時間は最大24時間だという。ただし外科医は12時間以内に摘出することを目標とする傾向にある。摘出された眼組織は、最大7日間保存できる。

 「外科医は通常、ドナーの死後4〜5日以内にその眼組織を移植したいと考えている」とシモンズ氏は話す。いつ、どれくらいの眼組織が利用できるかの予測が難しいことも、課題になっているという。

需要予測の“脱Excel“、その理由と効果は

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...