2019年01月13日 05時00分 公開
特集/連載

サプライチェーンのさまざまな場面に適用食料廃棄問題の解消にも役立つ最新技術「フードテック」とは?

食料廃棄という大きな問題を解決するための技術が登場している。食品を長持ちさせる、農業の生産性を上げる、物流を管理するなど、アプローチはさまざまだ。

[Robert Schmid,TechTarget]

関連キーワード

IoT(Internet of Things) | 流通業


画像

 年末年始のホリデーシーズンといえば、多くの人にとってパーティーの準備をしてお祭り気分にひたる季節を意味するが、一方で多大な食料廃棄が生じているのも事実だ。食料廃棄には数多くの原因がある。だが同様に、生産者や輸送業者、小売業者、消費者が無駄を減らす助けになり得るアイデアやイノベーションも存在する。この課題に対応するテクノロジーも現れつつある。食料に関する課題を解決する技術「フードテック」と、IoTにより実現する分散型供給網(DSN)との組み合わせ、あるいはスマート農業は、それぞれに果たすべき役割がある。サプライチェーンの中で廃棄されたり傷んだりする食品の量を抑え、世界の飢えを減らし、より良い環境を作る助けとなるであろう技術的アプローチを以下に紹介する。

テクノロジーを使った革新的なアプローチ

ITmedia マーケティング新着記事

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...