2016年12月24日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2017年には一般利用もレジなし店舗「Amazon Go」が採用、小売業を根本から変える“すごい技術” (1/2)

IoTと人工知能(AI)を活用し、レジのいらない店舗を実現した「Amazon Go」。古い仕組みに凝り固まった既存の小売業を打倒するものになるのだろうか。

[TechTarget]

関連キーワード

Amazon | IoT(Internet of Things) | 機械学習


画像 AmazonのWebサイトでは「Amazon Go」の利用イメージが分かりやすく紹介されている(出典:Amazon.com)

 Amazonは2016年12月中旬に「Amazon Go」を発表した。同社はこの製品で、古く凝り固まった小売りの現状に変革をもたらす狙いだ。公式の発表は複数のチャネルを通じて行われ、スタイリッシュな食料品店に買い物客が入っていく完成度の高いYouTubeの動画も公開されている。

 Amazon Goの概念の中核にあるのは、物理的なレジシステムの消滅だ。買い物客は入店時にチェックインして、いつも通りに買い物をすることになる。Amazonによれば、店内の買い物客と商品の追跡には、コンピュータビジョン、機械学習、人工知能(AI)を組み合わせて使用しているという。

Amazon Goを支える技術

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...