2016年12月13日 09時00分 公開
特集/連載

「クラウド+工夫」で等身大のIoTビジネスに挑む3社の事例AWSを基盤にしたIoTビジネス(1/3 ページ)

IoT活用には大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。しかしクラウドを利用して知恵を絞ることで、低コストで本格的な実用に踏み込んでいる企業もある。

[小山健治,著]

 あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT(モノのインターネット)」をビジネスに生かすには、大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。だが実はそうではない。知恵の絞り方次第で、案外簡単に本格的な実用化まで踏み込めるのだ。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2016年11月に開催したイベントの内容を基に、等身大のIoT活用を実践し、サービスや製品またはパッケージとして外部にも提供している3社の事例を紹介する。

事例1:製造ラインとiPodを連係してリアルタイムにデータ分析

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...