2016年12月13日 09時00分 UPDATE
特集/連載

AWSを基盤にしたIoTビジネス「クラウド+工夫」で等身大のIoTビジネスに挑む3社の事例 (1/3)

IoT活用には大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。しかしクラウドを利用して知恵を絞ることで、低コストで本格的な実用に踏み込んでいる企業もある。

[小山健治,著]

 あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT(モノのインターネット)」をビジネスに生かすには、大規模なシステムと高度な技術力、多大なコストが掛かると思われがちだ。だが実はそうではない。知恵の絞り方次第で、案外簡単に本格的な実用化まで踏み込めるのだ。アマゾン ウェブ サービス ジャパンが2016年11月に開催したイベントの内容を基に、等身大のIoT活用を実践し、サービスや製品またはパッケージとして外部にも提供している3社の事例を紹介する。

事例1:製造ラインとiPodを連係してリアルタイムにデータ分析

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news126.jpg

Qlik、SaaS版セルフサービスBI製品「Qlik Sense Business」を発表
Qlikの特許技術である連想インデクシング(Associative Indexing)による高度なアナリテ...

news010.jpg

日本人の1日のメールチェック時間は仕事用77分、私用53分 調査対象7カ国で最短――Adobe調査
メールの開封率およびエンゲージメント率向上のためにはまず、企業からのメールがいつ、...

news155.jpg

マーケティング4.0における新効果指標「PAR(購買行動率)」と「BAR(ブランド推奨率)」について
「マーケティング4.0」時代のカスタマージャーニー「5A」の文脈ではマーケティングの生産...