2015年11月04日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ニッチな技術とはもういわせないAWSが本気を出した「AWS IoT」の実力とは (1/2)

企業は「モノのインターネット(IoT)」の氷山の一角を見ているにすぎない。米Amazon Web Services(Amazon)は、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」という新しいクラウドサービスでIoTの潜在能力を引き出すことを計画している。

[Beth Pariseau,TechTarget]
photo IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 「モノのインターネット(IoT)」が大企業や先進企業のためのニッチなテクノロジーだと思ってはいないだろうか。だとしたら、ちょっと待ってほしい。

 これは筆者が米ラスベガスで2015年10月6〜9日に開催された「AWS re:Invent」で感じたことだ。このとき、「Amazon Web Services Internet of Things(AWS IoT)」サービスはβ版が提供されていた。AWS IoTを使用すると、AWSのサービスを利用している企業は、何十億台ものデバイスに安全に接続して管理できるようになる。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

SaaS企業として驚異の継続率97% ServiceNowが考える、CX向上にDXが不可欠である理由
「ガートナー カスタマー・エクスペリエンス&テクノロジ サミット 2019」におけるServic...

news134.jpg

「Tableau 2019.2」発表、コミュニティーからリクエストが多かった新機能を多数追加
位置情報に基づく意思決定を支援するベクターベースのマッピング機能も。