2014年11月26日 08時00分 公開
特集/連載

どこまでもAWSを使い倒す、東急ハンズが掲げるクラウド利用 5つの方針「AWS Cloud Roadshow福岡」東急ハンズ講演リポート(後編)

今後のAWSの利用ではフルマネージドを目指すという東急ハンズ。ベンダーロックインは覚悟の上で、AWS特有のサービスを積極的に活用していくという。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 アマゾン データ サービス ジャパンが2014年11月6日に開催したクラウドカンファレンス「AWS Cloud Roadshow 2014 powered by Intel 福岡」から、東急ハンズ 執行役員 長谷川 秀樹氏のセッションの模様をお伝えする。前編「クラウド比較は時間の無駄――東急ハンズ 長谷川氏が語るクラウド導入 5つの極意」ではクラウド導入の極意を紹介した。後編では、東急ハンズが掲げる今後の方針の一部をリポートする。

東急ハンズの今後のAWS活用はどうなる?

方針1.レンサバ的利用からフルマネージドへ

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...