2014年11月04日 08時00分 公開
特集/連載

AWS長崎社長インタビュー、エンタープライズにおける次なる施策とは?地方活性化でニッポンのクラウドを次のステージへ

エンタープライズでの勢いが目覚しい「Amazon Web Services」(AWS)の長崎社長に、企業導入における最近の傾向、力を入れているパートナー施策、新たに画策する地方展開について聞いた。

[五味明子]
アマゾン データサービス ジャパン 長崎氏

 2014年秋、アマゾン データサービス ジャパンはインテルと共催で札幌、福岡、名古屋、大阪の4都市を巡るクラウドカンファレンス「AWS Cloud Roadshow 2014 powered by Intel」を展開する。「Amazon Web Services」(AWS)の最新技術動向やベストプラクティスに関する情報を、AWSのアーキテクトや導入企業担当者が現地で直接伝えることで、「クラウドが変える“明日”のビジネス」というテーマそのままに、クラウドがもたらすビジネスメリットを地方にも拡げていくことが狙いだ。AWSが東京リージョンとして国内にデータセンターを開設してから3年がたつが、ここにきて地方におけるクラウドへの注目度が急速に高まりつつある。この流れを一気に本格化させ、日本のクラウド活用を新たなステージに押し上げることができるのか。今回、Roadshowが開催される4都市全てで基調講演を行うというアマゾン データサービス ジャパン 代表取締役社長 長崎忠雄氏に、日本におけるAWSとクラウドのビジネス動向を中心に話を聞いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...