2013年09月11日 08時00分 公開
特集/連載

AWSでできることって? AWSを導入する上で知っておきたい基礎知識徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第1回】

国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが特に多いAmazon Web Services(AWS)。今回はAWSの導入を検討するために必要な前提知識や操作方法を解説する。

[舘岡 守,サーバーワークス]

 Amazon Web Services(AWS)を使ったWebサービスの公開事例が後を絶たない。最近ではバーチャルプライベートクラウドというサービスも登場し、業務で使用するようなミッションクリティカルなシステムもAWSに移行しやすくなった。しかし同時に機能やサービスが豊富なAWSがよく分からない、難しそうだ、という声も耳にする。

 このような背景を踏まえ、本連載では全6回にわたってAWSの用語や考え方、各サービスの機能と設計指標について解説する。第1回の本稿ではAWSの基本的な部分を解説する。

AWSとは

 AWSとは、Amazon.comという巨大なECサイトで培われたノウハウと、コンピューティングリソースを一般ユーザーにサービスとして解放したサービス群のことを指す。「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」をはじめとするコンピューティングサービスやストレージサービスの「Amazon Simple Storage Service(S3)」、RDBMS(Relational Data Base Management System)サービスの「Amazon Relational Database Service(RDS)」など、他のクラウドベンダーと比べサービスの数が多いのが特徴だ。ユーザーはそのリソースを使いたいときにすぐに利用でき、使った分の費用をAWSに支払うという、オンデマンドのコンピューティングサービスである。

AWSでできること/できないこと

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

クラウドサーカスがNFTの企画支援サービスを提供開始
キャラクター系、アパレル、化粧品メーカー、飲食・外食など自社ブランドやIPを有する企...

news151.jpg

Twitterが「ブランドいいね」を正式提供
日本、米国、英国、サウジアラビアで「いいね」ボタンのアニメーションカスタマイズ機能 ...

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。