2013年09月11日 08時00分 公開
特集/連載

AWSでできることって? AWSを導入する上で知っておきたい基礎知識徹底解説! 初めてでも分かるAmazon Web Services【第1回】

国内外のクラウドサービスの中でも仮想マシン以外のサービスが特に多いAmazon Web Services(AWS)。今回はAWSの導入を検討するために必要な前提知識や操作方法を解説する。

[舘岡 守,サーバーワークス]

 Amazon Web Services(AWS)を使ったWebサービスの公開事例が後を絶たない。最近ではバーチャルプライベートクラウドというサービスも登場し、業務で使用するようなミッションクリティカルなシステムもAWSに移行しやすくなった。しかし同時に機能やサービスが豊富なAWSがよく分からない、難しそうだ、という声も耳にする。

 このような背景を踏まえ、本連載では全6回にわたってAWSの用語や考え方、各サービスの機能と設計指標について解説する。第1回の本稿ではAWSの基本的な部分を解説する。

AWSとは

 AWSとは、Amazon.comという巨大なECサイトで培われたノウハウと、コンピューティングリソースを一般ユーザーにサービスとして解放したサービス群のことを指す。「Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)」をはじめとするコンピューティングサービスやストレージサービスの「Amazon Simple Storage Service(S3)」、RDBMS(Relational Data Base Management System)サービスの「Amazon Relational Database Service(RDS)」など、他のクラウドベンダーと比べサービスの数が多いのが特徴だ。ユーザーはそのリソースを使いたいときにすぐに利用でき、使った分の費用をAWSに支払うという、オンデマンドのコンピューティングサービスである。

AWSでできること/できないこと

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。