2014年01月29日 08時00分 公開
特集/連載

モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る徹底入門:モノのインターネット(IoT)で変わるICTの世界観【第1回】

昨今、次のICTのテーマとして「モノのインターネット」(IoT)が話題となるケースが増えている。モノ同士が連携する新しい世界観として注目される本テーマについて、その概要と可能性に触れていきたい。

[水上 晃,デロイト トーマツコンサルティング]

1.IoTとは? M2MからIoTへ

モノとモノがつながるインターネットの世界

 「IoT」とは、「モノのインターネット」(Internet of Things)の略称であり、インターネットをはじめとする通信インフラに、さまざまなモノを接続する技術やビジネスモデルを指す。ここでいう“モノ”とは、PCやサーバ、プリンタなど、従来接続の対象となっていたIT関連機器以外も含み、新たな情報や価値を創出することを目的とする。

 モノをインターネットにつなぐことにより、どのような変化が生じるのか? 具体的には次のようなことが例として挙げられる。

  • 離れたモノの状態が分かる
  • 離れたモノを操作することが可能になる

 これらは「スマート家電」などで既に実現しつつあり、IoTの具体例として一般消費者も理解しやすいだろう。その他にも、モノをインターネットに接続する流れは、今後も増えていくだろう。

図1:IoTの概要とイメージ

IoTが注目される背景とは?

ITmedia マーケティング新着記事

news143.jpg

ベクトル、広告業界のEコマースサイト「ヒロメル」 提供開始
ベクトルグループが持つ成功事例やノウハウを参考に、PR、マーケティング、ブランディン...

news057.jpg

東南アジアのソーシャルコマース最新事情
SNS時代に新しいカスタマージャーニー。アジアの消費者の心をつかむには?

news154.jpg

CEOの多くが「今後2年間にわたり景気は停滞せず拡大する」と予測――Gartner調査
CEOの半数以上が「成長」に主眼を置き、危機を乗り越えた先には機会があると考えています。