2013年08月20日 08時00分 公開
特集/連載

火災報知器とパジャマが連係――「モノのインターネット」進化の条件「相互接続性」「データ活用」が発展の肝に

身の回りのあらゆる機器がネットワークへつながる「モノのインターネット」。市場規模は14兆ドル以上に達するとの見方もあるが、現状は発展途上だ。成長の鍵とは何か?

[Hannah Becker,TechTarget]

 自宅や職場、自動車の中にある全ての機器がネットワークに接続されている世界を想像してみてほしい。車が自宅に近づくと照明が自動的に点灯し、朝の目覚まし時計が鳴るとコーヒーが入り始め、家族の一員が玄関のドアに近づけば鍵が自動的に開く。ただし、家族以外の人が玄関に立っても鍵は開かない。「モノのインターネット: Internet of Things」(以下IoT)が生み出せるのは、こういった世界だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

外食に対する意識と行動はコロナ禍でどう変わったか――Retty調査
今、消費者は外食に対しどのように感じ、実際に行動しているのか。Rettyの調査です。

news134.jpg

NTTドコモ×エーザイ×カゴメ コロナ禍で重要になる「これからのCRM」
新型コロナの影響で売り上げが減少し、広告予算が削減された企業も少なくないだろう。新...