今から注目したい「モノのインターネット(Internet of Things)」のリアル事例GE、Pivotal、Amazonが提携を発表

計測機器やセンサーをインターネットに接続する「Internet of Things」を活用する事例が増えている。各社はどう利用し、何を課題に思っているのか。

2013年07月25日 08時00分 公開
[Beth Pariseau,TechTarget]

 クラウドコンピューティングとデータアナリティクスを活用して生産性を高めることを目的に、米General Electric(GE)からベルギーの大学病院グループまで、多岐にわたる企業や組織が「モノのインターネット」(Internet of Things、以下“IoT”)の概念を実践に移すための取り組みに着手している(参考:もはやバズワードではない、「モノのインターネット(Internet of Things)」とは?)。

ITmedia マーケティング新着記事

news112.jpg

「インクルーシブマーケティング」実践のポイントは? ネオマーケティングが支援サービスを提供
ネオマーケティングは、インクルーシブマーケティングの実践に向けたサービスを開始した...

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...