2013年09月20日 08時00分 UPDATE
特集/連載

広がるIoTの可能性前のめりに取り組みたい「モノのインターネット(Internet of Things)」

航空機エンジンは1回のフライトで1Tバイトのデータを出力する――このような機械データのソースとインターネットとを接続する「モノのインターネット」。実現するには幾つかの課題がある。

[Joshua Greenbaum,TechTarget]

 ビッグデータが大きな話題になっているが、その陰に隠れて重要な事実が見過ごされている――「機械やセンサーから生成されたデータは何十年も前から存在する」という事実だ。電子商取引やERPといった比較的新しい世界の外側には、膨大な量の機械技術が存在する。製造現場で活躍するロボットやマシンビジョンシステムから、ガスタービン、風車、ジェットエンジンに至るまで、機械は基本的なビジネスプロセスの原動力として、複雑なリアルタイムデータを大量に生成しているのだ。

 こうしたデータソースが突然、いわゆる「モノのインターネット」(Internet of Things、以下“IoT”)をスポットライトの中心に押しやろうとしている。IoTはあらゆるデバイスをインターネットに接続することを意味する。「Cレベル」のエグゼクティブたち(訳注:CEOやCTOなど肩書に「C」が付く企業幹部)は長い間、機械データの価値に目を向けることなく、機械データを生み出す工場や現場資産(パイプライン、大型車両など)でこれらのデータを利用するにとどまっていた。しかし企業幹部はここにきてようやく、機械データの奥深くに金鉱が存在し、それを掘り出すには従来の電子商取引とERPをベースとするビッグデータソースと組み合わせる必要があることに気付いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

平成の消費に影響を与えたものは「スマホ」「ネット通販」「PC」――博報堂生活総合研究所「消費1万人調査」
博報堂生活総合研究所が実施した「消費1万人調査」より、「平成の消費観・消費行動に影響...

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...