特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える

5年後にきっと大問題になる「IoTセキュリティ」、何に気を付けるべきかサイバー攻撃で現実世界が大混乱?

米Gartnerの予測では、IoTは今後急速に普及し、2020年には情報セキュリティに広範な影響を及ぼすようになるという。IoTのセキュリティについては、特に物理的安全とデータ処理の面でより有効なプランニングが必要となる。

2015年07月02日 12時00分 公開
[Michael HellerTechTarget]
IoTの概要とイメージ (TechTargetジャパン記事「“モノが自律する時代はすぐそこ? IoTの可能性を探る」から)《クリックで拡大》

 調査会社の米Gartnerは、2015年6月上旬に開催のセキュリティイベント「Gartner Security and Risk Management Summit」において、2020年のセキュリティ分野について予測し、向こう5年間で情報セキュリティに大きな影響をもたらす技術の1つとしてIoT(モノのインターネット)を挙げた。

 基調講演に登壇したGartnerの取締役副社長、クリスチャン・バーンズ氏は、セキュリティを取り巻く環境は今後急速に変化するとの見方を示し、「IoTへの備えができていない企業は必ずや取り残されることになる」と指摘した。企業のセキュリティ戦略に最も大きな影響が及ぶのは、物理的安全との関連およびIoT端末から収集する大量のデータの扱い方に関してだという。

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。