2014年11月10日 15時00分 公開
特集/連載

「状況は100倍悪い」、IoT時代の最悪シナリオを予測するインターネット接続デバイスが急増し管理が破綻

インターネット接続型デバイスが企業に押し寄せようとしている。IT部門は情報、セキュリティ、インテグレーションに取り組むために大きな1歩を踏み出さなければならない。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 「モノのインターネット」(IoT:Internet of Things)デバイスが企業に押し寄せようとしている。IT部門は、間もなく会社のネットワークにあふれ返る何千という「モノ」に対応するための準備が整っていないかもしれない。

 接続型デバイスの数は2020年までに7〜10倍に増える見通しだ。その影響でネットワークトラフィックは現在の規模の3〜5倍に増加する。米マサチューセッツ州ノースボロで開かれたカンファレンス「M-Enterprise」のセッションで、米ITコンサルティング企業J. Gold Associatesのアナリスト、ジャック・ゴールド社長はそう予想した。

 「(IoTに)対応するための備えがある企業はほとんどない。今あるITリソースには多大な負荷が掛かる。ほとんどのIT部門は(新しいデバイスとトラフィックに)対応できず、ITリソースを劇的に増大させる必要が生じるだろう」(ゴールド氏)

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...