2014年11月05日 12時00分 公開
特集/連載

最もハッキングしやすいクルマとは? IoTに影を落とすセキュリティ問題の重大さブレーキ、ハンドル、エンジンを操作可能

2014年8月に開催されたセキュリティカンファレンス「Black Hat USA 2014」では、IoTデバイスのセキュリティが近い将来、重要な問題になる可能性が示された。

[Brandan Blevins,TechTarget]

 「IoT」(モノのインターネット)の進展により、数年後には何十億台というデバイスがインターネットに接続するようになる。その結果、膨大な量のデータが生成・共有されるようになると予想されている。一方で、新たにインターネットに接続するこうしたデバイスのセキュリティが十分に考慮されているのかどうかは、はっきりとしていない。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...

news157.jpg

自粛期間中の3大ストレスは「マスク着用」「運動不足」「外食ができない」――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が全国3094人を対象に実施した意識調査第2弾。