特集:IoT時代のセキュリティリスクに備える
2015年04月19日 09時00分 UPDATE
特集/連載

新規参入相次ぐ次の注目市場「IoT PaaS」とは? ウオッチすべき4社の名前

「モノのインターネット」(IoT)がその潜在能力を発揮するには、クラウドプラットフォームの構成要素が整っていることが条件となる。IoT PaaS市場に最近参入したベンダー4社から、IoTの活性化に役立つ選択肢を探る。

[Valerie Silverthorne,TechTarget]

 「モノのインターネット」(IoT)の世界では、あらゆるものが相互につながることが期待されている。だが、それを実現するには、モノとモノとの接続を強化する堅牢なクラウドプラットフォームが必要だ。

 現在、市場では新興企業が続々と誕生し、IoT向けPaaS(IoT PaaS)を提供している。一方、IoT市場には「なくてはならないもの」が多いことも事実だ。これについて、米GigaOmのアナリストであるアダム・レッサー氏が報告書「IoT platforms:An emerging market」(新興市場であるIoTプラットフォーム)で警鐘を鳴らしている。IoT PaaS事業者は、大量で複雑な要件を満たさなければならない。具体的には、ハードウェアのフォームファクタ、セキュリティ、拡張性、分析、費用、エンドツーエンドの製品提供などがある。だが、IoT市場で出回っている多くのPaaS製品では、こうした機能のごく一部を提供しているにすぎない。

 製品の理解を深めるために、比較的に早くからIoT PaaS市場に参入している新興のベンダー4社を見てみよう。各社はそれぞれのやり方で、IoTの課題に対応している。

Ayla Networks:幅広い条件に対応できるPaaSを提供

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...