2015年07月14日 12時00分 公開
特集/連載

「IoT」でスマートシティに再び脚光 立ちふさがる障害と課題とは21世紀の問題を20世紀の手法で解決しようとしている(1/2 ページ)

「モノのインターネット(IoT)」を利用することで、都市は交通渋滞や資源不足などの問題に容易に対処できるようになる可能性がある。だが構造的な障害と消費者の側に課題が残っている。

[Lauren Horwitz,TechTarget]
IoT Worldでパネリストが議論する様子《クリックで拡大》

 米国の各都市は、交通渋滞や人口過剰、エネルギー問題に取り組む中、「モノのインターネット(IoT)」の活用によってその苦境から抜け出そうとしている。だが、データのサイロ化や消費者の懐疑的な態度など、昔ながらの問題に真っ向から立ち向かう必要があると業界の専門家らは指摘する。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...