2016年08月23日 12時00分 公開
特集/連載

導電性インク活用の「スマートシェルフ」が小売店舗のIoTを加速する商品管理から売れる陳列、盗難防止まで(1/2 ページ)

導電性インクの適用は、小売業者が商品棚にある商品の管理、販売と商品配置の関連付け、窃盗に対する警告を行うのに役立つ。

[Ellen Muraskin,TechTarget]

関連キーワード

在庫管理 | IoT(Internet of Things)


T+inkが提供する導電性インクを活用したサービスのイメージ(出典:T+ink)《クリックで拡大》

 小売業者はバーコードスキャンとRFID(非接触型ID)のおかげで、ケースやパッケージに入った製品が店舗に搬入されたり、製品がレジを通過したりするタイミングを知ることができる。とはいうものの、店舗内でも無線が一時的に途絶えることは珍しくない。その場合、マネジャーはビデオか肉眼で状況を確認するしかない。だが、これはどちらもコストの掛かる選択肢だ。

さまざまな応用例

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...