2019年07月31日 05時00分 公開
特集/連載

GCPの「ビッグデータ分析サービス」10選【後編】「Googleマップ」「Gmail」を支えるシステムも GCPのビッグデータ分析サービス

Googleが提供しているビッグデータ分析サービスは多彩だ。中には「Google検索」「Googleアナリティクス」などの裏側で稼働するシステムを基にしたサービスもある。5つの主要サービスをピックアップして説明する。

[Kathleen Casey,TechTarget]
画像

 Googleは検索エンジン「Google検索」でのノウハウを生かし、クラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)の中でビッグデータ分析サービスを提供している。

 前後編にわたって、Googleの主要なビッグデータ分析サービス10個を紹介する本連載。10個中5個のサービスを紹介した前編「『BigQuery』だけではない GCPのビッグデータ分析サービスの違いは?」に引き続き、残り5個のサービスについて、具体的な機能と特徴を説明する。

Cloud Composer

 「Cloud Composer」はクラウドとオンプレミス環境にまたがるワークフローの作成、管理、監視を可能にするオーケストレーションサービスだ。オープンソースのワークフロー作成・管理ソフトウェア「Apache Airflow」を基に構築されている。このサービスは、Googleの他のビッグデータ分析サービスや、サードパーティー製ツールとの連携も可能だ。

Data Catalog

 メタデータ管理サービスの「Data Catalog」は、GCP環境にあるメタデータを取り込み、検索と管理、保護ができるデータカタログを構築する。管理対象となるメタデータは、データの場所や構造といった、データへのアクセスに必要な情報を記載した「テクニカルメタデータ」と、データの意味を理解するのに必要な情報を記載した「ビジネスメタデータ」だ。

 Data Catalogはアクセス制御機能を備える。Googleの機密データ保護サービス「Cloud Data Loss Prevention」(Cloud DLP)と合わせて利用することで、機密データを管理できる。

Cloud Data Transfer

 「Cloud Data Transfer」は、オンプレミス、クラウドを問わず、大小さまざまな規模のデータをオブジェクトストレージサービスの「Google Cloud Storage」やデータウェアハウスサービスの「BigQuery」、分散処理サービス「Cloud Dataproc」に移行する。選択可能なデータ転送手段は、以下の4つだ。

  • オンライン転送
  • Google Cloud Storageへのデータ転送サービス「Storage Transfer Service」
  • オフラインデータ転送用アプライアンス「Transfer Appliance」
  • BigQueryへのデータ転送サービス「BigQuery Data Transfer Service」

 転送時間は、データ量、ネットワーク接続、データの移動方法によって異なる。

Cloud Bigtable

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「Indeed」「ZOOM」がワンツーフィニッシュ 米国ビジネスアプリダウンロードTOP5(2019年10月度)
世界のモバイルアプリの潮流を分析。今回はiOSとAndroidにおける米国ビジネスアプリダウ...

news073.jpg

モバイルアプリの成長を後押しするテレビCMには2つのタイプがあると判明――フラーとエム・データ調べ
フラーはエム・データと共同で、モバイルアプリに関するテレビCMの放映回数・時間とアプ...

news023.jpg

Cookieによる効果測定に不足を感じる広告宣伝担当者が増加――サイカ調査
広告配信などにおけるCookie利用の制限が検討されています。一方で、企業の広告宣伝担当...