2020年に「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因の分析ツール」に注目が集まる理由医療IT、2020年のトレンド予測【前編】

Forrester ResearchとFrost & Sullivanの調査は、2020年の医療ITのトレンドは「遠隔医療」と「健康の社会的決定要因を分析するツール」が支持を広げると予測する。その理由は何か。

2020年03月24日 05時00分 公開
[Makenzie HollandTechTarget]

関連キーワード

医療IT | トレンド解説


 2020年、米国の医療業界では医療費の低額化が最大の関心事になるだろう。医療機関の最高情報責任者(CIO)にとって医療費の低額化とは、患者が利用しやすく、個人に最適化された安価な医療サービスを実現する遠隔医療ツールや分析ツールへの投資を増やすことを意味する。

 医療機関のCIO向けに、2020年の医療ITトレンドに関する2つの調査会社の予測について解説しよう。調査会社Forrester Researchが着目するのは、医療改革と遠隔医療の増加だ。調査会社Frost & Sullivanは、「健康の社会的決定要因」(※注)を分析するツールが2020年に大きな役割を果たす可能性と、医療業界で人工知能(AI)に対する反発について予測する。前編となる本稿は、遠隔医療やデータ分析ツールなどの技術トレンドに注目する。

※注 健康の社会的決定要因(SDH:Social Determinants of Health)とは、健康状態を決定づける社会的な要素。例えば個人の所得、家族や友人などの社会的ネットワーク、自治体や職場などのコミュニティーとのつながりといった、経済状態や生活環境の良しあしを指す。

遠隔医療による診察の増加

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...