2020年04月17日 05時00分 公開
特集/連載

中国全土の従業員をテレワークに移行させたCitrix、実現のために何をしたのか?Citrixのテレワーク事例【前編】

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るっていた2020年1月ごろの中国は、折しも新年の休暇期間だった。Citrix Systemsは中国全土に散った従業員に連絡を取りテレワーク体制に移行。同社がしたこととは。

[Mike Gleason,TechTarget]

 仮想化ベンダーのCitrix Systems(以下、Citrix)は、中国の南京と日本の東京に約100人の技術サポートスタッフを抱えている。同社は、中国で2020年1月ごろから新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の爆発的感染が発生した状況を受け、事業継続に向けて取り組む中で渡航禁止や検疫といった問題に直面した。しかも、それ以上に対処が容易ではない、喫緊の事態もあった。爆発的感染が起きたのが中国の新年だったことだ。この時期の中国は世界最大の旅行休暇になるため、Citrixの従業員は中国全土に散っていた。

 Citrixでワールドワイド技術サポート部門のディレクターを務めるジェームス・シン氏は、事業継続のために在宅勤務などのテレワークのポリシー導入を支援した。その際にさまざまな製品を利用した。例えば自社製品の「Citrix Virtual Apps and Desktops」や「Citrix Workspace」といった、仮想アプリケーションや仮想デスクトップへ安全にアクセスするための製品だ。Slack Technologiesのビジネスチャットサービス「Slack」や、Concur Technologiesの経費管理サービス「SAP Concur」なども利用した。

 その結果Citrixは24時間以内にテレワーク体制に移行することに成功した。Citrixはこの戦略を拡大させつつあり、現在は米国のカリフォルニア、オレゴン、ワシントンの従業員にも可能なら在宅勤務に切り替えるよう促している。

 Citrixがテレワーク戦略を導入する中で直面した課題と、その課題を克服した方法についてシン氏にインタビューした。前編となる本稿は、課題に取り組み始めた段階でぶつかった問題を紹介する。

―― 新型コロナウイルスについての懸念を初めて意識したのはいつごろでしょうか。その懸念に向けてどのような準備をしたのでしょうか。

Citrixが進めたテレワーク導入の舞台裏

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...