2010年03月04日 09時00分 公開
ニュース

日商エレ、BPOサービスの業務効率を向上するデータエントリー統合管理システムを販売NEWS

BPOサービス事業が抱える複数のエントリー拠点をセキュリティ保護下で管理でき、エントリーシステムを持たないBPOサービス事業者にも、無限のエントリー環境を持たせることが可能だという。

[TechTargetジャパン]

 日商エレクトロニクスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)業務を効率化するデータエントリー統合管理システム「Virtual Entry Square(以下、VESquare)を開発、3月1日より販売開始した。

 VESquareは、BPOサービス事業が抱える複数のエントリー拠点をセキュリティ保護下で統合管理するシステム。複数のエントリー拠点とVESquareを有機的に連結することで、エントリーシステムを持たないBPOサービス事業者でも、無限のエントリー環境を持つことが可能だという。

 仮想的なエントリーシステムを構築すれば、大量のデータを高速かつ正確に処理することも可能。従来は委託先のデータエントリーサービス事業者ごとに依存していたリソース配分や進ちょく管理、データ品質チェックなどの作業を効率化するという。

 そのほか、データエントリーサービス事業者が忙しく自社(自拠点)の入力端末数の対応が困難な場合には、他入力拠点と業務連携することもできる。

画像 VESquareの概要。エントリーするイメージファイルやパンチアップデータの集配信管理だけではなく、データの品質にこだわったという入力工程制御機能も装備している

 同社では、BPOサービス事業者や提供するデータエントリーシステム「OpenIDES」の顧客を対象にVESquareの販売を行うとともに、サービス基盤の構築やBPOサービス事業者へのサービス提供を進めることで、初年度1.5億円の売り上げを目指す。短期利用を希望するBPOサービス事業者向けにはSaaS(Software as a Service)型での提供も予定している。

 価格は1アダプター含むVESquareサーバライセンスが300万円。5ライセンスまでの接続料が50万円。

関連ホワイトペーパー

SaaS | サーバ


ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

news148.jpg

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...