2020年04月10日 05時00分 公開
特集/連載

新型コロナウイルスにセキュリティ担当者が備えるための13か条事業維持に不可欠

感染症対策への備えとしてセキュリティ担当者は何を実施すべきか。深刻な感染症流行が発生した場合でも、企業のセキュリティ体制を維持できるようにするためのヒントを紹介する。

[Paul Kirvan,TechTarget]

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の感染が拡大し、ニュースを騒がせ続けている。企業はチームのメンバーが感染して職務を遂行できなくなる状況に備えなければならない。

 2009年の新型インフルエンザ(A/H1N1)流行で学んだ教訓は、今回の事態にも生かせるだろう。重要なのは、感染が広範囲に及んだ場合でも、企業が事業運営を継続できるように準備しておくことだ。セキュリティ担当者が欠員した場合の対策として、IT部門はどのように管理体制を整備すればよいだろうか。

 感染症の流行状況にかかわらず、セキュリティ担当者は自らの業務を続ける必要がある。業務を中断する必要が生じた場合は、迅速にセキュリティ管理体制を回復させることが必要だ。そのために確認すべきことを以下に示す。

セキュリティ担当者が感染症対策でチェックすべき13項目

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...